0120808585
MENU

エスクァイア (トヨタ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
エスクァイア Gi 1989年(昭和64年) 0.0万km以下 パール 214.0万円
エスクァイア Xi 2016年(平成28年) 4.7万km以下 パール 150.3万円
エスクァイア Gi ブラックテーラード 2016年(平成28年) 4.8万km以下 パール 152.1万円
エスクァイア Gi 2016年(平成28年) 2.8万km以下 ブラック 192.8万円
エスクァイア Xi サイドリフトアップシート装着車 2015年(平成27年) 1.9万km以下 パール 178.7万円
エスクァイア Gi 2015年(平成27年) 2.2万km以下 ブラック 172.4万円
エスクァイア Gi プレミアムパッケージ 2018年(平成30年) 0.8万km以下 パール 223.4万円
エスクァイア Xi サイドリフトアップシート装着車 2017年(平成29年) 0.9万km以下 パール 228.3万円
エスクァイア Gi 2015年(平成27年) 3.4万km以下 パール 164.3万円
エスクァイア Gi 2015年(平成27年) 3.2万km以下 パール 173.7万円
エスクァイア Gi ブラックテーラード 2016年(平成28年) 1.7万km以下 ブラック 176.7万円
エスクァイア Gi 2016年(平成28年) 1.9万km以下 パール 171.9万円
エスクァイア Gi 2018年(平成30年) 1.6万km以下 ブラック 203.4万円
エスクァイア Gi 2015年(平成27年) 2.6万km以下 ブラック 186.8万円
エスクァイア Gi 2017年(平成29年) 3.5万km以下 パール 183.6万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
エスクァイア Gi1989年(昭和64年) / 0.0万km以下 / パール 214.0万円
エスクァイア Xi2016年(平成28年) / 4.7万km以下 / パール 150.3万円
エスクァイア Gi ブラックテーラード2016年(平成28年) / 4.8万km以下 / パール 152.1万円
エスクァイア Gi2016年(平成28年) / 2.8万km以下 / ブラック 192.8万円
エスクァイア Xi サイドリフトアップシート装着車2015年(平成27年) / 1.9万km以下 / パール 178.7万円
エスクァイア Gi2015年(平成27年) / 2.2万km以下 / ブラック 172.4万円
エスクァイア Gi プレミアムパッケージ2018年(平成30年) / 0.8万km以下 / パール 223.4万円
エスクァイア Xi サイドリフトアップシート装着車2017年(平成29年) / 0.9万km以下 / パール 228.3万円
エスクァイア Gi2015年(平成27年) / 3.4万km以下 / パール 164.3万円
エスクァイア Gi2015年(平成27年) / 3.2万km以下 / パール 173.7万円
エスクァイア Gi ブラックテーラード2016年(平成28年) / 1.7万km以下 / ブラック 176.7万円
エスクァイア Gi2016年(平成28年) / 1.9万km以下 / パール 171.9万円
エスクァイア Gi2018年(平成30年) / 1.6万km以下 / ブラック 203.4万円
エスクァイア Gi2015年(平成27年) / 2.6万km以下 / ブラック 186.8万円
エスクァイア Gi2017年(平成29年) / 3.5万km以下 / パール 183.6万円

トヨタ エスクァイアの買取相場とは

エスクァイアは2014年10月に新発売されたミニバンで、ノア・ヴォクシーの姉妹車にあたります。

これまで原則ノアはトヨタカローラ店・ヴォクシーはネッツ店での取リ扱いとなっていて、トヨペット店では同クラスのミニバンの取扱がなく、販売会社からの強い要望もあってのシリーズ3車種目の投入となりました。

エンジン・プラットフォームなどはノア・ヴォクシーと共通ですが、客層がある程度落ち着いた世代や比較的富裕層が多いトヨペット店の特性を活かして姉妹車に比べても高級感がある内容となっていて、価格も高めの設定となっています。

 

 

姉妹車より高いブランド力

ノア・ヴォクシーに「高級感」を持たせることを目的に開発されていて、外観・内装ともに細かいこだわりや専用パーツをふんだんに採用されています。

トヨペット店の客層をターゲットとした敷居の高いグレード体制となった事で、車種自体のブランド力が高くなり、「エスクァイア=ノア・ヴォクシーよりも上の車種」というイメージが定着する事になるでしょう。

 

 

新型車にもかかわらず信頼性抜群

新型車は、所有する優越感も高く、新型車を発売直後に購入することで数年経過しても最新モデル・新しい車という位置づけを維持できるメリットがあります。

しかしその反面、新開発の新型車は発売から数年はリコールが多いといったデメリットや、不人気車となって、中古車相場がすぐに暴落するリスクなど不透明感も強いです。

エスクァイアの場合、車種自体は2014年10月に発売されましたが、既存のノア・ヴォクシーの姉妹車になり、エンジン・足回り・シャーシ等は共通となっている為、信頼性が高く、不人気車となり相場落ちが大きくなるリスクは非常に少ないといってよいでしょう。

現時点では、姉妹車よりも価格が高い為、希少性が高く、新車購入代金が高くても、売る時には付加価値が付いて高値で売却出来る可能性を秘めています。

 

 

大体なフロントグリル

最近の車はミニバンに限らず迫力と存在感があるメックのフロントグリルが流行りになっています。

そんな中エスクァイアはフロントグリルを極端に強調した大型メッキタイプを採用しています。

従来のミニバンの多くが横型グリルを採用していましたが、クラウンなど高級車の代名詞となっている縦型グリルを強調したデザインは存在感が非常に高く、車を遠くから一目見ただけで、エスクァイアだと分かる内容になっています。

 

さまざまな専用パーツが組み入れられているエスクァイアですが、最大の特徴はこの大型フロントグリルといっていいでしょう。

 

 

最後に

エクスクァイアの買換を検討しているなら、まず下取りはオススメできません。

 

下取りでは車体1台1台の状況を細かく見て値段をつけるようなことはなかなかしてもらえないため、ざっくりとした査定額しか出ないことが多いからです。

そうなると、自分で買取店を探して売却する、という方法をとることになりますが、それはそれで良い業者に巡り合うのが難しいものです。

業者選びで査定額に何十万円と差がつく可能性がある、と考えたら…きちんとしたお店に巡り合いたいですよね。

 

近所に良い業者を見つけられない、そんなお悩みをお持ちの方にオススメなのが「車査定・買取の窓口」。

愛車に状態に合わせて納得の買取価格をつけてくれる、最適な業者を厳選してご紹介します。査定はもちろん無料! まずは1度、お気軽にご連絡くださいね。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!