0120808585
MENU

カローラフィールダー (トヨタ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
カローラフィールダー 1.5G 2018年(平成30年) 0.1万km以下 ホワイト 136.2万円
カローラフィールダー 1.5G エアロツアラー 2015年(平成27年) 0.9万km以下 ホワイト 111.0万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー 2015年(平成27年) 4.7万km以下 パール 108.0万円
カローラフィールダー 1.5X 2018年(平成30年) 3.5万km以下 シルバー 87.2万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー 2016年(平成28年) 1.3万km以下 ブラック 126.4万円
カローラフィールダー 1.5G 2018年(平成30年) 1.9万km以下 ブラック 103.2万円
カローラフィールダー 1.5G エアロツアラー W×B 2014年(平成26年) 2.5万km以下 ブラック 114.4万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー 2017年(平成29年) 2.4万km以下 パール 123.6万円
カローラフィールダー 1.5G 2016年(平成28年) 0.6万km以下 シルバー 116.1万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー 2016年(平成28年) 1.7万km以下 ブラック 114.3万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー 2018年(平成30年) 0.1万km以下 ホワイト 155.0万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー 2018年(平成30年) 0.1万km以下 ブラック 152.0万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー 2016年(平成28年) 2.1万km以下 パール 117.2万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー 2016年(平成28年) 5.4万km以下 パール 98.0万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー 2015年(平成27年) 2.0万km以下 ブラック 124.2万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
カローラフィールダー 1.5G2018年(平成30年) / 0.1万km以下 / ホワイト 136.2万円
カローラフィールダー 1.5G エアロツアラー2015年(平成27年) / 0.9万km以下 / ホワイト 111.0万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー2015年(平成27年) / 4.7万km以下 / パール 108.0万円
カローラフィールダー 1.5X2018年(平成30年) / 3.5万km以下 / シルバー 87.2万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー2016年(平成28年) / 1.3万km以下 / ブラック 126.4万円
カローラフィールダー 1.5G2018年(平成30年) / 1.9万km以下 / ブラック 103.2万円
カローラフィールダー 1.5G エアロツアラー W×B2014年(平成26年) / 2.5万km以下 / ブラック 114.4万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー2017年(平成29年) / 2.4万km以下 / パール 123.6万円
カローラフィールダー 1.5G2016年(平成28年) / 0.6万km以下 / シルバー 116.1万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー2016年(平成28年) / 1.7万km以下 / ブラック 114.3万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー2018年(平成30年) / 0.1万km以下 / ホワイト 155.0万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー2018年(平成30年) / 0.1万km以下 / ブラック 152.0万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー2016年(平成28年) / 2.1万km以下 / パール 117.2万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー2016年(平成28年) / 5.4万km以下 / パール 98.0万円
カローラフィールダー 1.5G ダブルバイビー2015年(平成27年) / 2.0万km以下 / ブラック 124.2万円

カローラフィールダーの買取相場とは

カローラフィールダーは、世界140ヶ国以上で発売されるベストセラーカー「カローラ」シリーズの派生モデルです。

車名の由来は、「フィールド(野外)に出て遊ぶ人(のための車)」の意味を持たせた造語です。

文字通り積極的にアウトドアやドライブに活用できる機動性・機能性に優れた、多くの方々に親しまれる車種になっています。

 

商用車であるバンをベースとせず、全体的に厚みのある落ち着いたヨーロッパ製ワゴンのような伸びやかなボディスタイルを採り入れています。

ゆとりのある車高、大容量のカーゴスペースから実用性の高いファッショナブルなステーションワゴンとして、発売当初より高い人気を得ました。

 

 

カローラフィールダーの特徴

優れた走行性能と経済性のバランスを重視した充実したラインナップが初代モデルからの特徴です。

スタイリッシュなエアロパーツを装備したスポーティなモデルや、3代目モデルから加わったハイブリッドモデルなど、幅広い年齢層の方々から支持を受けています。

カローラフィールダーのスポーティ仕様グレード 「エアロツアラー」

 

また、グローブボックスの開閉機能にエアダンパーの採用、部品間の隙間にまでこだわった質感の高いインテリア、高い安全性能など、クラスを超えたクオリティを備えています。

まさに、トヨタのステーションワゴンの中核をなすモデルと言えます。

 

 

 

 

JNCAP予防安全性能評価において、最高ランク「ASV+」を満点で獲得

トヨタセーフティセンスCを幅広いグレードに装着したカローラフィールダーは、JNCAP予防安全性能評価において満点で最高ランクの「ASV+」を獲得しています。

レーザーレーダーと単眼カメラを使ったプリクラッシュセーフティシステム、車線逸脱を警告するレーンディスパーチャーアラート、夜間の歩行者などの発見に役立つオートマチックハイビームの3つの機能によりドライバーの安全運転を多面的にサポートしてくれます。

ライバル車の「ホンダ シャトル」と比較すると、まず自動ブレーキステムの作動上限がシャトルが30㎞/hに対し、80㎞/hと範囲が広くなっています。

 

ホンダ シャトル

 

また、シャトルには装備のない車線逸脱警告機能も備わっています。

つまり、安全面で言えば、カローラフィールダーの方が格段に上ということが言えそうです。

 

 

走行モードの選択により、驚くべき低燃費を実現

ガソリンエンジンとハイブリットエンジンの2モデルを用意しているカローラフィールダーは、2WD車でガソリン車がJC08モード燃費23.0㎞/L・ハイブリッド車で33.8㎞/Lの低燃費を実現しています(1.8Lモデルは16.6㎞/L)。

ライバル車のシャトルと比較すると、ガソリン車で21.8㎞/L・ハイブリッド車で34.0㎞/Lとガソリン車ではやや上回り、ハイブリッド車では同等の数値となっています。

燃費優先のエコドライブモードとモーターのみでの走行をするEVドライブモードの2つの走行モードを選ぶ事が出来るのも魅力の一つです。

 

 

最後に

トヨタ カローラフィールダーからの買換を検討しているなら、まず下取りはオススメできません。

 

下取りでは車体一台一台の状況を細かく見て値段をつけるようなことはなかなかしてもらえないため、ざっくりとした査定額しか出ないことが多いからです。

そうなると、自分で買取店を探して売却する、という方法をとることになりますが、それはそれで良い業者に巡り合うのが難しいものです。

業者選びで査定額に何十万円と差がつく可能性がある、と考えたら…きちんとしたお店に巡り会いたいですよね。

 

近所に良い業者を見つけられないというお悩みをお持ちの方にオススメなのが「車査定・買取の窓口」。

愛車に状態に合わせて納得の買取価格をつけてくれる、最適な業者を厳選してご紹介します。

査定はもちろん無料! まずは一度、お気軽にご相談くださいね。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!