0120808585
MENU

アリスト (トヨタ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
アリスト VA300 トムスG 2003年(平成15年) 12.8万km以下 ブラック 117.0万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 2005年(平成17年) 12.3万km以下 シルバー 21.3万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 1999年(平成11年) 10.0万km以下 パール 22.3万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 2005年(平成17年) 12.5万km以下 パール 23.0万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 1998年(平成10年) 4.7万km以下 ブルー 32.0万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 2004年(平成16年) 8.4万km以下 パール 49.3万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 2000年(平成12年) 11.6万km以下 パール 32.0万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 1998年(平成10年) 4.1万km以下 パール 42.8万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 1999年(平成11年) 12.5万km以下 パール 26.5万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 2004年(平成16年) 9.6万km以下 ブラック 42.3万円
アリスト V300 ツインターボ 2002年(平成14年) 9.1万km以下 シルバー 24.0万円
アリスト VA300 トムスG 2002年(平成14年) 12.8万km以下 ダークブルー 28.4万円
アリスト S300 ベルテックスエディション 1999年(平成11年) 1.1万km以下 シルバー 28.4万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 2004年(平成16年) 9.2万km以下 パール 33.0万円
アリスト V300 ベルテックスエディション 2003年(平成15年) 11.6万km以下 パール 20.1万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
アリスト VA300 トムスG2003年(平成15年) / 12.8万km以下 / ブラック 117.0万円
アリスト V300 ベルテックスエディション2005年(平成17年) / 12.3万km以下 / シルバー 21.3万円
アリスト V300 ベルテックスエディション1999年(平成11年) / 10.0万km以下 / パール 22.3万円
アリスト V300 ベルテックスエディション2005年(平成17年) / 12.5万km以下 / パール 23.0万円
アリスト V300 ベルテックスエディション1998年(平成10年) / 4.7万km以下 / ブルー 32.0万円
アリスト V300 ベルテックスエディション2004年(平成16年) / 8.4万km以下 / パール 49.3万円
アリスト V300 ベルテックスエディション2000年(平成12年) / 11.6万km以下 / パール 32.0万円
アリスト V300 ベルテックスエディション1998年(平成10年) / 4.1万km以下 / パール 42.8万円
アリスト V300 ベルテックスエディション1999年(平成11年) / 12.5万km以下 / パール 26.5万円
アリスト V300 ベルテックスエディション2004年(平成16年) / 9.6万km以下 / ブラック 42.3万円
アリスト V300 ツインターボ2002年(平成14年) / 9.1万km以下 / シルバー 24.0万円
アリスト VA300 トムスG2002年(平成14年) / 12.8万km以下 / ダークブルー 28.4万円
アリスト S300 ベルテックスエディション1999年(平成11年) / 1.1万km以下 / シルバー 28.4万円
アリスト V300 ベルテックスエディション2004年(平成16年) / 9.2万km以下 / パール 33.0万円
アリスト V300 ベルテックスエディション2003年(平成15年) / 11.6万km以下 / パール 20.1万円

トヨタ アリストの買取相場とは

トヨタアリストは力強くダイナミックで流麗なボディデザイン、圧倒的な動力性能と重厚感のある快適な乗り心地、先進的で充実した装備を誇る上級ワゴンとして1991年10月に誕生しました。

その後2004年11月に生産中止、2005年に販売停止となっています。

車名の「アリスト」は、英語の「ARISTO」に由来し、「最上の・優秀な」の意味から命名されました。

卓越した動力性能や最上の居心地の良さを追求した室内空間など、アリストの持つ特徴を良く表したネーミングと言えるでしょう。

 

 

アリストの特徴

このアリストは国内向けネーミングであって、国外向けには皆さまご存じのレクサスGSとして販売されていました。

クラウンシリーズの中でも最上級モデルに位置する「クラウンマジェスタ」と基本コンポーネンツを共有しながら、イタリアのジョルジェット・ジウジアーロが率いる「イタルデザイン社」がデザインしたプロトモデルをベースにしています。

デザインを突き詰め洗練されたアグレッシブなスタイリングを持つ、スポーティセダンとして開発されました。

金属の塊から削り出したようなソリッド感の強い存在感のあるプレスドアを採用した剛性の高いボディ、圧倒的なパフォーマンスを発揮する3.0L直列6気筒ツインターボエンジンの搭載に加え、4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションによる、優れた操縦安定性と路面の凹凸の追従性など、質の高い走りを提供するモデルとして発売早々から高い人気を誇りました。

 

 

アリストの魅力は加速力!

加速性能を示すのに、停止している状態から時速100㎞までのタイムで表すという方法がありますが、アリストV300のタイムはなんと5.9秒なんです。

他車種と比べると、ススカイライン34Rが4.9秒、スカイライン32Rが5.6秒、ホンダNSXが5.7用と比べると、アリストが速いことがわかっていただけるでしょうか。

ただ、アリストのカテゴリーがあくまでセダンであることに加えAT車であることに比べ、ほかの車種がMT車であることを考えると、優秀な加速性能と言えます!

 

 

車内装備、安全性能の高さ

装備が多彩な点も、加速性能と同じくらい評価できる点です。

空気清浄機、電動テレスコピック、前席パワーシート、オートライト、トラコン、スタビリティーコントロール、クルコン、シートヒーターなど、最近の車と比較してもほとんど遜色ない充実装備です。

安全性能に関しても評価が高く、運転席・助手席・サイドエアバッグ、ABS、トラクションコントロール等の装備を有しています。

快適な車内空間と、安心・安全な運転が楽しめる、まさにバランスのとれたラグジュアリーカーと言えるでしょう。

 

 

最後に

もしもアリストからの買い換えを検討中なら、下取りよりも買取をオススメします。

しかし自分で買取業者を探すのは難しい、良い業者になかなか巡り合えない、一括査定はたくさんの店から連絡が来るので面倒…と、お悩みの方もいらっしゃるのでは。

 

そんなときにお力になれるのが「車査定・買取の窓口」。

どんな車でも現状に合わせて適切な査定をしてくれるお店を厳選してご紹介。一括査定のように、たくさんの業者から連絡が来るなどという面倒もありません。

ご利用も、査定も無料!ぜひ1度、ご相談ください。

 

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!