0120808585
MENU

ソリオ (スズキ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
ソリオ ブラック&ホワイト2 2013年(平成25年) 3.6万km以下 ブラック 68.4万円
ソリオ ハイブリッド MZ 2016年(平成28年) 5.5万km以下 パール 82.8万円
ソリオ ハイブリッド MX 2016年(平成28年) 1.6万km以下 ライトグリーン 100.8万円
ソリオ ハイブリッド MZ 2016年(平成28年) 2.5万km以下 シルバー 107.1万円
ソリオ ハイブリッド MX 2016年(平成28年) 3.8万km以下 ブラウン 93.6万円
ソリオ ハイブリッド MX 2017年(平成29年) 0.7万km以下 ブルー 99.9万円
ソリオ ハイブリッド SZ 2018年(平成30年) 0.5万km以下 ブルー 120.3万円
ソリオ ハイブリッド MX 2017年(平成29年) 2.2万km以下 シルバー 101.1万円
ソリオ Sセレクション 2018年(平成30年) 0.2万km以下 ブラウン 107.7万円
ソリオ ハイブリッド SZ 2017年(平成29年) 0.5万km以下 ブラック 120.4万円
ソリオ G 2017年(平成29年) 1.8万km以下 レッド 86.9万円
ソリオ ハイブリッド MX 2018年(平成30年) 0.7万km以下 シルバー 122.4万円
ソリオ ハイブリッド SX 2017年(平成29年) 3.6万km以下 グリーン 81.9万円
ソリオ ハイブリッド MX 2018年(平成30年) 0.7万km以下 ブルー 111.8万円
ソリオ ハイブリッド MX 2018年(平成30年) 0.8万km以下 パール 113.4万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
ソリオ ブラック&ホワイト22013年(平成25年) / 3.6万km以下 / ブラック 68.4万円
ソリオ ハイブリッド MZ2016年(平成28年) / 5.5万km以下 / パール 82.8万円
ソリオ ハイブリッド MX2016年(平成28年) / 1.6万km以下 / ライトグリーン 100.8万円
ソリオ ハイブリッド MZ2016年(平成28年) / 2.5万km以下 / シルバー 107.1万円
ソリオ ハイブリッド MX2016年(平成28年) / 3.8万km以下 / ブラウン 93.6万円
ソリオ ハイブリッド MX2017年(平成29年) / 0.7万km以下 / ブルー 99.9万円
ソリオ ハイブリッド SZ2018年(平成30年) / 0.5万km以下 / ブルー 120.3万円
ソリオ ハイブリッド MX2017年(平成29年) / 2.2万km以下 / シルバー 101.1万円
ソリオ Sセレクション2018年(平成30年) / 0.2万km以下 / ブラウン 107.7万円
ソリオ ハイブリッド SZ2017年(平成29年) / 0.5万km以下 / ブラック 120.4万円
ソリオ G2017年(平成29年) / 1.8万km以下 / レッド 86.9万円
ソリオ ハイブリッド MX2018年(平成30年) / 0.7万km以下 / シルバー 122.4万円
ソリオ ハイブリッド SX2017年(平成29年) / 3.6万km以下 / グリーン 81.9万円
ソリオ ハイブリッド MX2018年(平成30年) / 0.7万km以下 / ブルー 111.8万円
ソリオ ハイブリッド MX2018年(平成30年) / 0.8万km以下 / パール 113.4万円

スズキ ソリオの買取相場とは

ミニバンならぬ「プチバン」と呼ばれるスズキ ソリオ。コンパクトカーと呼ばれるジャンルの車種の中でも最軽量かつ最小クラスのわりになかなかの車高を持つため、「コンパクトハイトワゴン」という呼び方もされており、この市場においては先駆者でもあります。

 

スズキ ソリオとは

スズキ ソリオの初代は、スズキの大ヒット軽自動車スズキ ワゴンRを元にして作られました。ワゴンRのボディを形状はほぼそのままに拡大し、ゆとりある室内空間を実現するとともに、1.3Lエンジンを載せることで走行性能にも余裕を持たせることができています。

 

初代は1997年に、スズキ ワゴンRワイドという名称で登場。その後改良を経ながら名前もワゴンR+、ワゴンRソリオと変わっていき、最終的に現在の名称スズキ ソリオとなりました。現行車は2015年から活躍している4代目にあたります。

 

ソリオの特徴

前述の通りコンパクトカーの中でも最小クラスの車体を持ち、重量もなんと1トン未満。そのため取り回しが非常に楽で、なおかつ機動性にも優れています。おまけに燃費も良く、車体価格までリーズナブルに抑えられているのも嬉しいところ。インテリアも、シンプルながらこの価格帯にしては上質感があります。比較的手に入れやすい車ですが、満足度は全体的に高めです。

後部座席はスライドドアが採用され、車高も余裕があり、ファミリー層をメインにしているというのもうなずけます。それはエクステリアにも反映されており、とがりすぎず優しすぎず、男性・女性どちらにも好まれるデザインになっています。

衝突被害軽減システムである「デュアルカメラブレーキサポート」や、全方位モニターを搭載していることにより、安全性能面においても心強いところがありがたいですね。

 

1200ccのエンジンにはガソリン・マイルドハイブリッド・ハイブリッドの3タイプが設定されています。マイルドハイブリッドとは、発信時や加速時だけモーターでエンジンをアシストするものです。マイルドハイブリッド車は、新車価格としてはガソリン車とハイブリッド車の中間に位置しますが、燃費も良いし走行性能にも優れているためもっともコストパフォーマンスが良く、人気です。

 

 

ソリオの中古車市場での需要

中古車市場においてのスズキ ソリオの台数を見てみると、2011年に登場してよく売れた3代目のタマ数が多いようです。CM展開が積極的で名前もよく知られ、メインターゲット層がファミリーだということもあり、相変わらず人気は高い車なので、今後も大きな値崩れの心配はなさそうです。

グレードにおいては、マイルドハイブリッド車の上級モデルである「HYBRID MZ」や特別仕様車は特に喜ばれる傾向にあります。

ルーフエンドスポイラーや、アルミホイール、エアロキットなどの純正オプションは、査定時に高く評価される可能性があります。またファミリー層がメインターゲットの車なので、バックモニターやブレーキサポートなどの運転アシスト機能搭載車も高評価となりそうです。

カラーでは、ホワイトパールやブラックパールといった定番色の人気が不動で、査定にも良い影響が出る可能性があります。

 

ソリオを高く売るには

そのコストパフォーマンスの良さから、全国でパトカーとしても採用されているスズキ ソリオ。

もしも他車種への乗り換えを検討しているなら、下取りよりも絶対に買取査定を受ける方が得です。そして大事にしてきた愛車に高額査定がつけば、損得抜きでも嬉しいものですよね。

しかし自分で買取業者を探すのは難しい、良い業者になかなか巡り合えない、一括査定はたくさんの店から連絡が来るので面倒…と、お悩みの方もいらっしゃるのでは。

そんなときにお力になれるのが「車査定・買取の窓口」。

お客様それぞれの愛車の状況に合わせた買取業者を厳選して、ご紹介いたします。

ご利用も、査定も無料!ぜひ1度、ご相談ください。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!

車査定・買取の窓口について