0120808585
MENU

ランディ (スズキ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
ランディ 2.0G 2011年(平成23年) 9.8万km以下 グレー 39.2万円
ランディ 2.0G 2008年(平成20年) 14.1万km以下 パール 13.2万円
ランディ 2.0G 2011年(平成23年) 9.1万km以下 ブラック 42.1万円
ランディ 2.0S 2009年(平成21年) 8.0万km以下 ブラック 49.5万円
ランディ 2.0G 2012年(平成24年) 14.1万km以下 シルバー 15.2万円
ランディ 2.0G 2007年(平成19年) 11.8万km以下 ブラック 13.7万円
ランディ 2.0G 2008年(平成20年) 10.6万km以下 グレー 12.3万円
ランディ 2.0S Sハイブリッド 2012年(平成24年) 4.8万km以下 ブラック 70.2万円
ランディ 2.0G 2012年(平成24年) 5.8万km以下 パール 73.8万円
ランディ 2.0G 2012年(平成24年) 12.9万km以下 ブラック 16.3万円
ランディ 2.0S 2014年(平成26年) 3.7万km以下 パール 76.5万円
ランディ 2.0G 2013年(平成25年) 8.0万km以下 ブラック 51.3万円
ランディ 2.0G 2013年(平成25年) 5.0万km以下 シルバー 90.5万円
ランディ 2.0G 2014年(平成26年) 2.6万km以下 パール 129.2万円
ランディ 2.0S 2012年(平成24年) 6.9万km以下 シルバー 43.2万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
ランディ 2.0G2011年(平成23年) / 9.8万km以下 / グレー 39.2万円
ランディ 2.0G2008年(平成20年) / 14.1万km以下 / パール 13.2万円
ランディ 2.0G2011年(平成23年) / 9.1万km以下 / ブラック 42.1万円
ランディ 2.0S2009年(平成21年) / 8.0万km以下 / ブラック 49.5万円
ランディ 2.0G2012年(平成24年) / 14.1万km以下 / シルバー 15.2万円
ランディ 2.0G2007年(平成19年) / 11.8万km以下 / ブラック 13.7万円
ランディ 2.0G2008年(平成20年) / 10.6万km以下 / グレー 12.3万円
ランディ 2.0S Sハイブリッド2012年(平成24年) / 4.8万km以下 / ブラック 70.2万円
ランディ 2.0G2012年(平成24年) / 5.8万km以下 / パール 73.8万円
ランディ 2.0G2012年(平成24年) / 12.9万km以下 / ブラック 16.3万円
ランディ 2.0S2014年(平成26年) / 3.7万km以下 / パール 76.5万円
ランディ 2.0G2013年(平成25年) / 8.0万km以下 / ブラック 51.3万円
ランディ 2.0G2013年(平成25年) / 5.0万km以下 / シルバー 90.5万円
ランディ 2.0G2014年(平成26年) / 2.6万km以下 / パール 129.2万円
ランディ 2.0S2012年(平成24年) / 6.9万km以下 / シルバー 43.2万円

スズキ ランディの買取相場とは

ときどき街で、日産 セレナかと思ったらスズキのエンブレムが入っている車を見かけることがあります。それがスズキ ランディという車です。セレナにそっくりなのは、セレナの「OEM車」だから。

OEM車とは

OEM車というのは、簡単にいうと他社が開発・生産した車を自社ブランドとして売る車のこと。供給元となっている企業にも、車体を提供してもらう企業にもメリットがあるためこのような形態で自動車を販売する場合があり、意外にもまわりにはOEM車が数多く存在しています。

OEM車は、基本的に「エンブレム以外全く同じ車」といっても差し支えありませんが、微妙にエクステリアの変化が見られる場合もあります。また、グレードやカラーの選択肢が変わってくることも。とはいえ、価格にも差がない場合がほとんどです。

 

 

スズキ ランディの特徴

スズキ ランディは、5ナンバーの8人乗りミニバンという点で、比較的小さめな車が多いスズキのラインナップにおいては珍しく大きな車体を持ち、価格面でももっとも高価となっている車です

2007年に登場した初代は、OEM元となる日産 セレナの当時の世代車に比べて大幅に装備が削られており、またグレードにも制限がありました。その後2010年にフルモデルチェンジがなされて2代目が誕生、現行車は2016年に登場した3代目にあたります。

 

 

ランディのカラー・グレード・性能

3代目のエンジンは、ガソリンとハイブリッドの2種類が用意されており、グレードはガソリン車の2.0S、ハイブリッドには2.0Xと2.0Gの合計3種類の採用となっています。ちなみに、セレナのエアロ系グレードである「ハイウェイスター」に相当するものは初代から存在していません。したがってハイウェイスター専用ボディカラーも未設定となっています。

またセレナの自動運転支援技術である「プロパイロット」は搭載されていませんが、エマージェンシーブレーキ・車線逸脱警報・踏み間違い衝突防止アシスト・ふらつき警報・全方位モニター(移動物検知機能付)・進入禁止標識検知といった安全装備は装着されています。

さらに、デュアルバックドアやキャップレス給油口など新しく装備されたものもあります。

 

 

ランディとセレナの違い

3列シート8人乗りなので車内は広々。開放的な空間を感じられるよう、座面は高めになっており、またダッシュボードは低めに抑えられています。シートアレンジは多彩で、荷物の積載量も十分確保。インテリアはすっきりとシンプルにまとめられています。

エクステリアにはセレナとの多少の差異があり、それはフロントマスクによく現れています。2本のメッキバーによって、どちらかというと優しめなセレナのマスクよりも力強さが感じられる見た目になっています。

セレナ

 

ランディ

 

ランディの中古車市場での需要

スズキ ランディは、初代の販売目標が700台という設定でした。フルモデルチェンジを経るたび順調に人気は増してきましたが、元々の台数が多くないため、中古車市場においても非常にタマ数が少ない状態です。大人気車種とはいえませんが、セレナにこだわらない、シンプルな選択を好む、スズキ車にこだわるといった層からは支持があるようです。

ファミリーカーとしての装備や機能は必要十分なので、需要は決して少なくありません。状態や走行距離によっては、十分にそこそこの査定額を狙っていけるといえそうです。

 

 

ランディを高く売るには

しかしいざ売却を考えたとき、自分で買取業者を探すのは難しい、良い業者になかなか巡り合えない、一括査定はたくさんの店から連絡が来るので面倒、そもそもどんな業者に依頼していいのかすらわからない…と、お悩みの方もいらっしゃるのでは。

「車査定・買取の窓口」なら、どんな車でも現状に合わせて適切な査定をしてくれるお店を厳選してご紹介。一括査定のように、たくさんの業者から連絡が来るなどという面倒もありません。きっと満足いく査定額をつけてくれる業者に出会うことができます。

ご利用も、査定も無料。

まずはぜひご連絡を。お待ちしております!

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!