0120808585
MENU

ジムニー (スズキ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
ジムニー XC 1988年(昭和63年) 0.8万km以下 クリーム 181.4万円
ジムニー XC 2018年(平成30年) 0.5万km以下 ベージュ2 192.2万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ 2018年(平成30年) 1.1万km以下 パール2 116.4万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ 2018年(平成30年) 0.6万km以下 ブラック 123.8万円
ジムニー XC 2014年(平成26年) 0.1万km以下 イエロー 163.2万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ 2018年(平成30年) 4.9万km以下 パール 96.4万円
ジムニー XC 2016年(平成28年) 1.9万km以下 ベージュ 170.6万円
ジムニー XC 2018年(平成30年) 0.3万km以下 パール 186.6万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ 2018年(平成30年) 0.9万km以下 ブラック 126.1万円
ジムニー XC 2017年(平成29年) 0.2万km以下 ブラック 191.5万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ 2018年(平成30年) 2.1万km以下 ブラック 134.9万円
ジムニー XL 2015年(平成27年) 0.3万km以下 グリーン 182.2万円
ジムニー XG ターボ 2018年(平成30年) 1.5万km以下 シルバー 104.4万円
ジムニー XC 2015年(平成27年) 0.7万km以下 ブルー2 179.6万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ 2018年(平成30年) 0.3万km以下 ダークグリーン 142.2万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
ジムニー XC1988年(昭和63年) / 0.8万km以下 / クリーム 181.4万円
ジムニー XC2018年(平成30年) / 0.5万km以下 / ベージュ2 192.2万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ2018年(平成30年) / 1.1万km以下 / パール2 116.4万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ2018年(平成30年) / 0.6万km以下 / ブラック 123.8万円
ジムニー XC2014年(平成26年) / 0.1万km以下 / イエロー 163.2万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ2018年(平成30年) / 4.9万km以下 / パール 96.4万円
ジムニー XC2016年(平成28年) / 1.9万km以下 / ベージュ 170.6万円
ジムニー XC2018年(平成30年) / 0.3万km以下 / パール 186.6万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ2018年(平成30年) / 0.9万km以下 / ブラック 126.1万円
ジムニー XC2017年(平成29年) / 0.2万km以下 / ブラック 191.5万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ2018年(平成30年) / 2.1万km以下 / ブラック 134.9万円
ジムニー XL2015年(平成27年) / 0.3万km以下 / グリーン 182.2万円
ジムニー XG ターボ2018年(平成30年) / 1.5万km以下 / シルバー 104.4万円
ジムニー XC2015年(平成27年) / 0.7万km以下 / ブルー2 179.6万円
ジムニー ランドベンチャー ターボ2018年(平成30年) / 0.3万km以下 / ダークグリーン 142.2万円

ジムニーの買取価格・下取りの相場とは

jimny

パワフルなエンジンが頑丈なボディに搭載された軽自動車のオフロード四輪駆動車である「スズキ ジムニー」。

スズキのロングセラー車といえるのは、国内だけでなく海外でも「サムライ」という愛称で親しまれている事からも分かります。

そこで、今回はこのジムニーの特徴や買取相場の傾向をご紹介します。

※文中の買取・査定額表示はすべて2018年10月時点のものになります

売りに出す前に、買取価格や相場を知ることが大切

ジムニーの初代モデルは1970年に発売され、現在は2018年から続く4代目モデルが製造・販売されています。

高性能なターボエンジンが搭載されていることで力強い走りを見せてくれますが、それでいて振動を抑えた静かな走りが特徴です。

軽自動車なのに高速道路でもスムーズな加速と軽快な走りを体感でき、超軽量衝撃吸収ボディを採用した安全性を保持しています。国内安全基準だけでなく新欧州安全基準もクリアしているので、高い安全性も人気の理由と言えるでしょう。

小回りも利くので、オンロード・オフロード問わず、長く乗り続けることが車でもあります。

このような魅力いっぱいのジムニーを、もし売りに出すなら中古車市場でどのくらいの価格で取引されているのか、相場を知っておくようにしましょう。

ジムニーの人気グレードは「ランドベンチャー」

ジムニーのベストグレードといえる「ランドベンチャー」は、多くのメッキパーツが採用され、アルミホイールもダークシルバーであることから、スタイリッシュで高級感のあるモデルです。そのためジムニーの中では最も人気が高いグレードと言えます。

例えば3年落ちで3万キロ前後のランドベンチャーであれば、130万円を超える買取価格が付くこともあります。(2018年10月現在)

また、1998年式で走行距離が8~9万キロ程度のランドベンチャーでも、57万円の価格がつくなど年式や走行距離に左右されにくいグレードであると言えるでしょう。(2018年10月現在)

ジムニーなら人気カラー以外でも査定価格にマイナスはない!

ジムニーで人気のカラーは、ホワイト、ブラック、ネイビーの3色。この3色なら買取査定がプラスされることが期待できます。なお、この3色以外でも、査定価格がマイナスされることはありません。

どのグレードや仕様でも、比較的ジムニーの買取相場は高めであり、中古車市場でも好調な売れ行きを見せています。もし売却を検討しているなら、早めに査定に出したほうが良いでしょう。

ジムニーの買取価格・下取りの相場は「時価」

ジムニーは頑丈さが特徴のロングセラー車なので、年式が古くても十分に値段が付く車種と言えます。一般的に中古車は走行距離が増えていくほど、買取価格も下がっていきますが、ジムニーに関しては値の落ち方が緩やかであるのも特徴です。

しかし、2018年7月に4代目モデルである新型ジムニーが発売されました。モデルチェンジ後は古いモデルの買取相場はどうしても低くなる傾向にあります。

中古車はその時点で商品としてどのくらいの価格があるかを示す「時価」で査定されます。1日でも早く売ったほうが、高い価格で買い取ってもらいやすくなると言えるでしょう。

ディーラーの下取り価格に満足できない場合や、市場での相場を知りたいという場合など、まずは気軽に無料査定を試してみてはいかがでしょう。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!

車査定・買取の窓口について