0120808585
MENU

レヴォーグ (スバル) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
 2.0GT アイサイト 1988年(昭和63年) 1.5万km以下 グレー 141.1万円
 1.6STI スポーツ アイサイト 2015年(平成27年) 2.9万km以下 ダークグレー 207.9万円
 1.6GT-S アイサイト 2018年(平成30年) 7.3万km以下 ブルー 118.7万円
 2.0GT-S アイサイト 2014年(平成26年) 5.8万km以下 パール 149.4万円
 1.6GT アイサイト プラウドエディション 2015年(平成27年) 4.6万km以下 ライトブルー 116.9万円
 2.0STI スポーツ アイサイト 2015年(平成27年) 0.7万km以下 パール 292.4万円
 1.6GT アイサイト 2015年(平成27年) 4.4万km以下 ブラック 121.2万円
 2.0STI スポーツ アイサイト ブラックセレクション 2015年(平成27年) 0.3万km以下 パール2 288.5万円
レヴォーグ 2.0i-S アイサイト 2017年(平成29年) 0.2万km以下 パール 175.1万円
レヴォーグ 1.6i-L 2012年(平成24年) 6.3万km以下 パール 56.9万円
レヴォーグ 2.0i-L アイサイト 2017年(平成29年) 2.0万km以下 ブルー 168.8万円
レヴォーグ 2.0i-L アイサイト 2016年(平成28年) 2.1万km以下 ブルー 149.9万円
レヴォーグ 1.6i-L アイサイトプラウドエディション 2016年(平成28年) 0.8万km以下 ブラック 126.9万円
レヴォーグ 2.0i-S アイサイト 2016年(平成28年) 1.7万km以下 シルバー 157.1万円
レヴォーグ 1.6i-L 2012年(平成24年) 4.4万km以下 シルバー 36.5万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
 2.0GT アイサイト1988年(昭和63年) / 1.5万km以下 / グレー 141.1万円
 1.6STI スポーツ アイサイト2015年(平成27年) / 2.9万km以下 / ダークグレー 207.9万円
 1.6GT-S アイサイト2018年(平成30年) / 7.3万km以下 / ブルー 118.7万円
 2.0GT-S アイサイト2014年(平成26年) / 5.8万km以下 / パール 149.4万円
 1.6GT アイサイト プラウドエディション2015年(平成27年) / 4.6万km以下 / ライトブルー 116.9万円
 2.0STI スポーツ アイサイト2015年(平成27年) / 0.7万km以下 / パール 292.4万円
 1.6GT アイサイト2015年(平成27年) / 4.4万km以下 / ブラック 121.2万円
 2.0STI スポーツ アイサイト ブラックセレクション2015年(平成27年) / 0.3万km以下 / パール2 288.5万円
レヴォーグ 2.0i-S アイサイト2017年(平成29年) / 0.2万km以下 / パール 175.1万円
レヴォーグ 1.6i-L2012年(平成24年) / 6.3万km以下 / パール 56.9万円
レヴォーグ 2.0i-L アイサイト2017年(平成29年) / 2.0万km以下 / ブルー 168.8万円
レヴォーグ 2.0i-L アイサイト2016年(平成28年) / 2.1万km以下 / ブルー 149.9万円
レヴォーグ 1.6i-L アイサイトプラウドエディション2016年(平成28年) / 0.8万km以下 / ブラック 126.9万円
レヴォーグ 2.0i-S アイサイト2016年(平成28年) / 1.7万km以下 / シルバー 157.1万円
レヴォーグ 1.6i-L2012年(平成24年) / 4.4万km以下 / シルバー 36.5万円

スバル レヴォーグの買取相場とは

スバル レヴォーグは、スバル レガシィツーリングワゴンの後継車として2013年に発表され、2014年に販売が開始された車です。

それまで大きなひとつのブランドとして確立していたレガシィツーリングワゴンが事実上廃止となることで、ファンからは惜しまれる声が多くありましたが、蓋を開けてみると後継車のスバル レヴォーグはさまざまな面で素晴らしく、今や大人気車種となっています。

 

スバル レヴォーグとレガシィツーリングワゴンの違い

元々は日本市場向け車種として発表されただけあり、レガシィツーリングワゴンよりも全長は100mm短く、全高は50mm低く設定されていて、日本の道路でも取り回しのきくサイズとなっています。その割には広々としたカーゴルームを含む室内空間も併せ持っているという贅沢さ。

現在ではステーションワゴンの人気が高い海外市場へも販路を広げています。

 

 

最上級グレードとなる「STI Sport」

2014年の誕生から、2018年まで1年に1回のペースで一部改良&大幅改良が施され、特別仕様車も数バージョン発表されています。2016年には最上級グレードとなる「STI Sport」が登場。

走行性能・燃費・乗り心地とどれをとってもレガシィツーリングワゴンを上回る性能で、「レヴォーグ」の名前に込められた「レガシィ・レヴォリューション・ツーリング」という言葉を順調に体現しているといえます。

 

 

スバル独自の運転支援システム「Eye Sight」搭載

レガシィからの流れである、長距離を高速で快適に走行することができる長所と、スポーツ性能の高さが見事に融合したスポーツワゴンという、まさに死角ナシのスバル レヴォーグですが、スバル独自の運転支援システム「Eye Sight」の搭載にも注目です。

立体的な状況を把握できる左右ふたつのカメラによって、車のみならず歩行者や自転車も感知。自動ブレーキにより衝突防止を補佐してくれます。また車線をはみ出たり、車両がふらついたときに警告音を発したり、運転をアシストしてくれる機能も。渋滞のときや、ドライバーが疲れているときにもとても頼りになる存在です。

現在のEye SightはVer.3ですが、今後のさらなる進化に期待が高まります。走行性能や燃費といった基本的なスペックの高さももちろんのこと、このような安全性の高さもスバル レヴォーグの大きな魅力のひとつとなっています。

車好き、走り好きの層だけでなく、ファミリーにも選ばれる車となってきているのはこのことも理由になっているのでしょう。

 

スバル レヴォーグの中古車市場での需要

誕生から比較的日が浅く、人気車種であるためまだまだ新車市場での勢いがあるスバル レヴォーグ。長く乗るオーナーも多いので、中古車市場においての台数も豊富とは言えない状況であるため、値崩れしにくい車種となっています。

また、一般的に走行距離は売却時においての重要な要素となりますが、スバル レヴォーグはさらにそれが顕著な傾向です。5万キロを目安に売却を考える良いでしょう。

 

スバル レヴォーグのグレード

グレードにおいては、STI-Sport Eye Sightというモデルの高額買取が期待できます。エンジン排気量は1.6Lよりも2Lの方が人気、またEye Sight搭載車はそれだけでプラス要因になっています。

カラーでは、クリスタルホワイトパールとクリスタルブラックに人気が集中。こちらも査定で有利となりそうです。

 

レヴォーグを高く売るには

スバル レヴォーグを愛車に選ぶからには、かなりの車好きなのではないでしょうか?大事に乗ってきたのだし、手放すときも妥協はしたくないですよね。また、愛車に高額査定がつくのは、損得抜きで嬉しいもの。

とはいえ、下取りよりも買取の方が良いとは聞くけれど自分で買取業者を探すのは難しい、良い業者になかなか巡り合えない、一括査定はたくさんの店から連絡が来るので面倒…と、お悩みの方もいらっしゃるのでは。

そんなときにお力になれるのが「車査定・買取の窓口」。

お客様それぞれの愛車の状況に合わせた買取業者を厳選して、ご紹介いたします。

ご利用も、査定も無料!ぜひ1度、ご相談ください。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!