0120808585
MENU

スカイライン (日産) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
スカイライン 200GT-t タイプP 2018年(平成30年) 0.1万km以下 ブラック 2019年02月 257.4万円
スカイライン 200GT-t タイプSP 2014年(平成26年) 1.8万km以下 パール 2019年02月 215.8万円
スカイライン 250GT 2011年(平成23年) 2.9万km以下 パール 2019年02月 89.6万円
スカイライン 200GT-t タイプSP 2014年(平成26年) 1.2万km以下 パール 2019年02月 221.0万円
スカイライン 200GT-t タイプP 2015年(平成27年) 1.6万km以下 シルバー 2019年02月 162.5万円
スカイライン 200GT-t タイプSP 2014年(平成26年) 1.8万km以下 パール 2019年02月 221.0万円
スカイライン 250GT 2010年(平成22年) 3.1万km以下 ブラック 2019年02月 88.2万円
スカイライン 250GT タイプS 2010年(平成22年) 3万km以下 パール 2019年02月 111.2万円
スカイライン 25GT ターボ 2000年(平成12年) 0.1万km以下 ホワイト 2019年02月 279.4万円
スカイライン 200GT-t タイプP 2018年(平成30年) 0万km以下 ブルー 2019年02月 260.8万円
スカイライン 200GT-t タイプSP 60th リミテッド 2017年(平成29年) 0.4万km以下 ブラック 2019年02月 269.6万円
スカイライン 370GT タイプS 2012年(平成24年) 1.9万km以下 パール 2019年02月 114.8万円
スカイライン 200GT-t タイプSP 2016年(平成28年) 0.4万km以下 パール 2019年02月 223.3万円
スカイライン 200GT-t タイプP 2018年(平成30年) 0万km以下 パール 2019年02月 257.6万円
スカイライン 200GT-t タイプP 2018年(平成30年) 0.1万km以下 ブラック 2019年02月 0.1万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額査定時期
スカイライン 200GT-t タイプP2018年(平成30年) / 0.1万km以下 / ブラック 257.4万円 2019年02月
スカイライン 200GT-t タイプSP2014年(平成26年) / 1.8万km以下 / パール 215.8万円 2019年02月
スカイライン 250GT2011年(平成23年) / 2.9万km以下 / パール 89.6万円 2019年02月
スカイライン 200GT-t タイプSP2014年(平成26年) / 1.2万km以下 / パール 221.0万円 2019年02月
スカイライン 200GT-t タイプP2015年(平成27年) / 1.6万km以下 / シルバー 162.5万円 2019年02月
スカイライン 200GT-t タイプSP2014年(平成26年) / 1.8万km以下 / パール 221.0万円 2019年02月
スカイライン 250GT2010年(平成22年) / 3.1万km以下 / ブラック 88.2万円 2019年02月
スカイライン 250GT タイプS2010年(平成22年) / 3万km以下 / パール 111.2万円 2019年02月
スカイライン 25GT ターボ2000年(平成12年) / 0.1万km以下 / ホワイト 279.4万円 2019年02月
スカイライン 200GT-t タイプP2018年(平成30年) / 0万km以下 / ブルー 260.8万円 2019年02月
スカイライン 200GT-t タイプSP 60th リミテッド2017年(平成29年) / 0.4万km以下 / ブラック 269.6万円 2019年02月
スカイライン 370GT タイプS2012年(平成24年) / 1.9万km以下 / パール 114.8万円 2019年02月
スカイライン 200GT-t タイプSP2016年(平成28年) / 0.4万km以下 / パール 223.3万円 2019年02月
スカイライン 200GT-t タイプP2018年(平成30年) / 0万km以下 / パール 257.6万円 2019年02月
スカイライン 200GT-t タイプP2018年(平成30年) / 0.1万km以下 / ブラック 0.1万円 2019年02月

日産 スカイラインの買取相場とは

どんなに車に疎くても、「スカイライン」の名は聞いたことがある…という人は多いかと思います。

なぜならスカイラインは販売開始から60年以上もの歴史を持つ名車。これは数ある日産車の中でも最長のものです。スカイラインは日産という会社、そして日本の自動車産業とともに時代を生きてきた車なのです。

これだけの長い歴史を持つ車ですので、現代に至るまでにスカイラインは数々のモデルチェンジが行われてきました。

中古車市場におけるスカイラインの価値を考えるとき、その歴史と切り離して語ることは難しいため、ここでざっとスカイラインの変遷を振り返ってみましょう。

スカイラインの誕生

初代スカイラインが誕生したのは、1957年のことです。

当時としては最高出力のエンジンを誇る国内最速のセダンと呼ばれ、時代を牽引した一台となりました。

 

GT-Rの誕生

そして、初代から続く「スポーツカーとしてのスカイライン」の精神をさらに高めたのが「ハコスカ」とも呼ばれる3代目スカイライン(C10型)です。

この3代目スカイラインのラインナップに加わったのが、日産が世界に誇る名車「GT-R」。

乗用車ではあるのですがサーキットで勝つことを想定してつくられた超高性能の車であり、「スカイライン」のブランドイメージや国産スポーツカーの歴史をつくりあげた伝説の一台となりました。この車の登場が、自動車史におけるひとつのターニングポイントとなったと言っても過言ではないでしょう。

以降、スカイラインはモデルチェンジを繰り返しつつ、「ケンメリ」「ジャパン」「鉄仮面」など、さまざまな愛称で呼ばれるモデルを販売。走りと速さを追求したスポーツセダンのスタイルは10代目まで続きました。

 

11代目からの大きな変化

大きな変化が起こったのは、2001年に発売された11代目(V35型)です。

日産がフランス「ルノー」の傘下に入ってから初めてのモデルチェンジでしたが、そのデザインはこれまでのスカイラインのイメージを一新したものでした。

速さの壁を突き破るような、流れるようなシャープなボディラインは丸みを帯び、その姿はスポーツカーのそれではなく「典型的なセダン」となりました。スカイラインの伝統であった丸目四灯のテールランプも廃止され、「スカイライン」という車を愛するファンから失望の声があがったのも事実です。

しかしこの仕様は「セダン」としては世界基準に沿ったものであり、当時のルノー、そしてカルロス・ゴーン氏の合理的な経営戦略の結果であったといえます。

以降、13代目の現行モデルに至るまで、スカイラインは高級セダンとして販売。

 

ボディを日本よりも海外で需要の高い大型のサイズにしたり、エンブレムをインフィニティ(日産の国外ブランド)に変更するなど、日本よりも海外市場を重視した方向に舵を切っていきます。

そして、「GT-R」はスカイラインの冠を外し、独自に開発されることとなりました。

 

 

長い歴史が生んだ多様な需要

上記のことから分かるように、スカイラインは歴史が非常に長く、国内外問わず多くのファンに愛されてきた車です。

実に多くのモデルがあるため、人気のタイプ・グレードは年式によって異なります。初期のものはクラシックカーとしての値打ちもあり、状態が良ければ年式が古くとも高額で取引される場合があります(中でもGT-Rは別格であり、この車に関しては別の記事で解説)。

どれだけ古くとも、その伝統やスピリッツごと「スカイライン」を愛するファンに根強い人気があり、その価値はこれからも高まっていくと考えて間違いないでしょう。

 

一方、11代目~現行モデルの場合は「プレミアとしての価値」はそこまで高くはないので、やはり年式・走行距離によって価格が大きく変動する傾向にあります。

 

ハイブリッド車が人気

人気なのはガソリン車よりもハイブリッド車。買取価格でおよそ20万ほどの差が出るようです。

スカイラインはネームバリューもある人気ブランドですが、近年のモデルはリセールバリューがそこまで高いというわけではありません。

それは、車の良し悪しではなく「そもそも日本国内でセダン需要が低い」ことにあります。

今のマーケットの流れでは、セダン人気が頭打ちになってしまうのは仕方ないことなのかもしれません。

 

 

 

クラシックカー、そして優秀なスポーツセダンとして高値が期待できる旧モデル(10代目まで)、高級セダンとして確かな品質をもつ11代~現行モデル、いずれにしても高額取引を実現するには「状態が命」と言えます。

売却を考えるならば走行距離を延ばさないためにも乗ることは控え、一日も早く行動に移すことをお勧めします。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!

海外の自動車メーカー

車査定・買取の窓口について