0120808585
MENU

モコ (日産) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
モコ ドルチェX 2015年(平成27年) 2.0万km以下 パープル 37.6万円
モコ G 2006年(平成18年) 10.1万km以下 クリーム 6.4万円
モコ E エアロスタイル 2008年(平成20年) 9.1万km以下 シルバー 5.1万円
モコ Q 2005年(平成17年) 8.4万km以下 ブルー 1.0万円
モコ S オーディオ&バックビューモニター付 2014年(平成26年) 0.8万km以下 ライトグリーン 60.1万円
モコ E FOUR ショコラティエ 2009年(平成21年) 10.5万km以下 ホワイト 18.9万円
モコ E FOUR 2007年(平成19年) 7.5万km以下 ピンク 9.0万円
モコ B 2003年(平成15年) 12.4万km以下 ワインレッド 1.6万円
モコ E 2009年(平成21年) 6.7万km以下 オレンジ 10.0万円
モコ Q 2004年(平成16年) 8.6万km以下 レッド 2.4万円
モコ G 2008年(平成20年) 5.4万km以下 ブラック 23.4万円
モコ E ショコラティエ 2011年(平成23年) 4.5万km以下 ブラウン 29.7万円
モコ X FOUR 2013年(平成25年) 4.3万km以下 ブラウン 56.1万円
モコ X 2014年(平成26年) 5.4万km以下 ベージュ 39.5万円
モコ X 2012年(平成24年) 7.0万km以下 グリーン 13.1万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
モコ ドルチェX2015年(平成27年) / 2.0万km以下 / パープル 37.6万円
モコ G2006年(平成18年) / 10.1万km以下 / クリーム 6.4万円
モコ E エアロスタイル2008年(平成20年) / 9.1万km以下 / シルバー 5.1万円
モコ Q2005年(平成17年) / 8.4万km以下 / ブルー 1.0万円
モコ S オーディオ&バックビューモニター付2014年(平成26年) / 0.8万km以下 / ライトグリーン 60.1万円
モコ E FOUR ショコラティエ2009年(平成21年) / 10.5万km以下 / ホワイト 18.9万円
モコ E FOUR2007年(平成19年) / 7.5万km以下 / ピンク 9.0万円
モコ B2003年(平成15年) / 12.4万km以下 / ワインレッド 1.6万円
モコ E2009年(平成21年) / 6.7万km以下 / オレンジ 10.0万円
モコ Q2004年(平成16年) / 8.6万km以下 / レッド 2.4万円
モコ G2008年(平成20年) / 5.4万km以下 / ブラック 23.4万円
モコ E ショコラティエ2011年(平成23年) / 4.5万km以下 / ブラウン 29.7万円
モコ X FOUR2013年(平成25年) / 4.3万km以下 / ブラウン 56.1万円
モコ X2014年(平成26年) / 5.4万km以下 / ベージュ 39.5万円
モコ X2012年(平成24年) / 7.0万km以下 / グリーン 13.1万円

モコの買取価格・下取りの相場とは

moco

エンブレムやウインググリルなど、全体的に丸みが強調されたモコモコとしたエクステリアが人気の「日産 モコ」。

かわいらしさとオシャレなイメージが強く、自分の部屋でそのまま移動する感覚で乗れる軽トールワゴンとして、女性を中心とした軽自動車購入層から支持されている車です。

今回はこのモコの特徴や買取相場の傾向をご紹介します。

※文中の買取・査定額表示はすべて2018年10月時点のものになります

売りに出す前に、買取価格や相場を知ることが大切

2001年の日産とスズキの共同プレリリースにより、スズキ MRワゴンの姉妹車種として、2002年、初代モデルのモコが登場しました。

MRワゴンと走行性にほとんど違いはありませんが、バンパーやボンネットなど細部は日産仕様に変更され、収納スペースやトレーなど機能性や収納力も充実しています。

かわいらしいデザインが大きな特徴ですが、14年に渡り販売され続け2016年に生産終了となりましたが、中古車市場で高値を維持している状態です。

このような特徴のあるモコですが、もし売りに出すなら中古車市場でのモコの価格相場を知っておく必要があります。

モコの人気グレードは「Xグレード」

3度のモデルチェンジにより、初代モデルから3代目モデルまで、デザインも変化しています。

その中で人気のあるのは「Xグレード」。オプションが豊富で、インテリアとエクステリア、どちらも高級感のある仕様に変更できるのが特徴です。

ドライバーニーズに応えた3代目モデルも安定した人気!

また、3代目モデルはドライバーのニーズに忠実に応えて作られたモデルと言えるため、室内長やプラットフォームが拡大されるなど、広々とした室内空間で快適さが重視された作りになっています。

さらに軽量ボディが採用されたことで、燃費や走行性能が高くなっており、中古車市場でも人気があります。

モコで査定価格にプラスが期待できるカラー

モコの豊富なカラーバリエーションも特徴の1つですが、その中でも特にイメージモデルで販売されていたカラーが人気です。カタログのメインとして掲載されている車のカラーであるフィズブルーは比較的高値がつきやすい傾向があります。

また、アーバンブラウンやブルーイッシュブラックなども定番の人気カラーとして人気なので、買取相場は高めになる傾向です。

モコの買取価格・下取りの相場は「時価」

もし車を買い替えることを決断した時、ディーラーに下取りをしてそのまま出した経験がある方は少なくないでしょう。

しかし、その時、提示された金額で本当に納得できていたでしょうか。思ったよりも低い提示金額に、思わず首をかしげたものの、ディーラーが言うのだから間違いないだろうとそのまま下取りに出してしまったことはありませんか?

このような場合、買取店に査定を依頼してみることで、下取り価格より高い価格で売ることができます。

中古車はその時の商品としての価格である「時価」で査定されます。そのため、少しでも高く売りたいなら1日でも早く売ることがポイントです。それも踏まえて、まずは気軽に無料査定を試してみてはいかがでしょう。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!

車査定・買取の窓口について