0120808585
MENU

GT-R (日産) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
 ピュアエディション 2016年(平成28年) 3.3万km以下 ダークブルー 563.4万円
 ピュアエディション 2014年(平成26年) 2.0万km以下 パール 564.8万円
 プレミアムエディション 2017年(平成29年) 1.5万km以下 シルバー 675.9万円
 プレミアムエディション 2018年(平成30年) 1.0万km以下 オレンジ 716.4万円
 ブラックエディション 2013年(平成25年) 6.9万km以下 ブラック 424.4万円
 ブラックエディション 2016年(平成28年) 0.3万km以下 ブラック 614.7万円
 トラックエディション エンジニアード by ニスモ 2018年(平成30年) 0.4万km以下 ガンメタ 863.6万円
 ニスモ 2015年(平成27年) 1.1万km以下 パール 836.1万円
 ブラックエディション 2009年(平成21年) 5.2万km以下 グレー 327.6万円
 プレミアムエディション 2008年(平成20年) 1.8万km以下 ブラック 395.1万円
 プレミアムエディション 2008年(平成20年) 4.9万km以下 パール 361.4万円
 ピュアエディション 2017年(平成29年) 1.5万km以下 パール 648.0万円
 プレミアムエディション 2011年(平成23年) 2.4万km以下 シルバー 349.7万円
 プレミアムエディション 2018年(平成30年) 0.8万km以下 ブラック 754.2万円
 プレミアムエディション 2014年(平成26年) 3.9万km以下 パール 508.5万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
 ピュアエディション2016年(平成28年) / 3.3万km以下 / ダークブルー 563.4万円
 ピュアエディション2014年(平成26年) / 2.0万km以下 / パール 564.8万円
 プレミアムエディション2017年(平成29年) / 1.5万km以下 / シルバー 675.9万円
 プレミアムエディション2018年(平成30年) / 1.0万km以下 / オレンジ 716.4万円
 ブラックエディション2013年(平成25年) / 6.9万km以下 / ブラック 424.4万円
 ブラックエディション2016年(平成28年) / 0.3万km以下 / ブラック 614.7万円
 トラックエディション エンジニアード by ニスモ2018年(平成30年) / 0.4万km以下 / ガンメタ 863.6万円
 ニスモ2015年(平成27年) / 1.1万km以下 / パール 836.1万円
 ブラックエディション2009年(平成21年) / 5.2万km以下 / グレー 327.6万円
 プレミアムエディション2008年(平成20年) / 1.8万km以下 / ブラック 395.1万円
 プレミアムエディション2008年(平成20年) / 4.9万km以下 / パール 361.4万円
 ピュアエディション2017年(平成29年) / 1.5万km以下 / パール 648.0万円
 プレミアムエディション2011年(平成23年) / 2.4万km以下 / シルバー 349.7万円
 プレミアムエディション2018年(平成30年) / 0.8万km以下 / ブラック 754.2万円
 プレミアムエディション2014年(平成26年) / 3.9万km以下 / パール 508.5万円

日産 GT-Rの買取相場とは

日産の、そして国産スポーツカーの象徴のような存在である「GT-R」。その長い歴史とともに数々のドラマと伝説を生みだした、日本の宝とも言える名車です。

現在、GT-Rは独立した車名となっていますが、一般的には今でも「スカイラインGT-R」の印象が強いのではないでしょうか。

なぜならGT-Rは、日産で最も古い歴史を持つ車「スカイライン」のグレードのひとつとして開発された車だったからです。

 

GTRの歴史と由来

「スカイライン」は、言わずと知れた日産のスポーツセダン。GT-Rは、「ハコスカ」と呼ばれた3代目スカイライン(C10型)の1グレードとして販売されました。

第2回日本グランプリにおいて、一時ではありましたが当時圧倒的強さを見せていたポルシェを抜くという偉業を成し遂げた「プリンス・スカイライン2000GT-B」。この後続車として開発された初代スカイラインGT-Rは、乗用車でありながらも「レースに勝つこと」を目的として様々な最新技術がつぎ込まれた、まさに走るために生まれた車でした。「R」の名は、レーシングカー「日産R380」のエンジンを移植したことに由来しています。

この初代GT-Rは国内レースで圧倒的な強さを誇り、「羊の皮をかぶった狼」とも呼ばれました。

その後GT-Rはモデルチェンジをくり返しながら、レーシング大会で数々の記録を打ち立てていきます。

日産の技術の粋を尽くした「スカイラインGT-R」はスポーツカーの代名詞となり、国内外に多くのファンをもつ伝説の車となったのです。

 

GT-Rが現在の姿に至るまで

スカイラインGT-Rが不動の人気を確立する一方で、バブル崩壊とともに日産の経営が悪化。スカイラインの売り上げも下降線をたどってゆきます。

その後、日産はフランスの大手自動車メーカー「ルノー」の傘下に入り、スカイラインはこれまでとは異なるイメージでのモデルチェンジを行います。GT-Rはこのときスカイラインから離れ、独立したひとつのモデルとして新たな道を歩むこととなったのです。

このため、現在販売されているGT-Rはスカイラインとは全く別の車。

GT-Rから「スカイライン」の冠が外れたことを惜しむ声もありますが、一方でスポーツセダンという「スカイラインらしさ」を脱ぎ捨てて思い切り高性能化できるようになったのも事実です。

伝統ある名前を引き継ぎながら、新時代を牽引するスーパーカーとしてGT-Rはこれからも進化を続けていくことでしょう。

 

 

圧倒的なリセールバリュー

上記のことから分かるように、GT-Rは歴史と伝統、物語のある特別な車です。

国内のみならず海外からの需要も多く、リセールバリューの高さは他の車を圧倒しています。

特に、今やその名が失われてしまった「スカイラインGT-R」は別格。古い車体であっても状態さえ良ければプレミア価格がつくこともあります。海外人気の動向によって価格が変動することはありますが、今後大きな値崩れが起こるとは考えにくく、むしろ価値は高まっていくと思われます。

 

R34型は特に人気

現在市場に出回っている「スカイラインGT-R」は第二世代と呼ばれるR32、R33、R34型がほとんどですが、スカイラインとして最後のGT-RとなったR34型は特に高い人気を誇っています。

R32、33型についてはなにぶん古い車ですので、走行距離は10万㎞以上のものがほとんど。走行距離の多さは買取価格にあまり影響しませんが、低走行車の場合はかなりの高額取引が期待できます。

カラーはどのモデルもホワイトが一番人気。次いでブラックが高評価のようです。

 

売るなら早めがお得

現行モデルである6代目「日産GT-R」の場合は、希少性はありませんので新車購入時の価格差がそのまま中古車価格に反映している状態です。

しかし、最新モデルといっても登場したのは10年以上前の2007年。かつ、日産GT-Rは欧米では標準的なシステムである「イヤーモデル制」を採用しています。年を重ねるごとに変化を続けているため、初期と後期では買取価格に大きな差が生まれることになります。

 

 

「スカイライン」時代のGT-Rは、走行距離が少ないほど高評価。

「日産GT-R」の場合は、年々モデルが変化していくため、売るなら早ければ早いほどベストと言えます。

いずれにしても、一日でも早く行動することがより高額査定につながると考えてよいでしょう。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!