0120808585
MENU

ミラージュ (三菱) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ミラージュ M 2016年(平成28年) 1.9万km以下 ブラック 2019年04月 50.1万円
ミラージュ G 2014年(平成26年) 2.6万km以下 シルバー 2019年04月 31.5万円
ミラージュ M 2015年(平成27年) 1.1万km以下 グレー 2019年04月 31.1万円
ミラージュ G 2015年(平成27年) 1.7万km以下 シルバー 2019年04月 30.0万円
ミラージュ M 2017年(平成29年) 0.9万km以下 シルバー 2019年04月 58.5万円
ミラージュ M 2013年(平成25年) 2.4万km以下 シルバー 2019年04月 31.1万円
ミラージュ 1.2G 2016年(平成28年) 2.1万km以下 レッド 2019年04月 45.5万円
ミラージュ M 2016年(平成28年) 1.3万km以下 シルバー 2019年04月 51.2万円
ミラージュ S 2015年(平成27年) 1.1万km以下 シルバー 2019年04月 31.6万円
ミラージュ M 2016年(平成28年) 4.2万km以下 パール2 2019年04月 50.2万円
ミラージュ G 2015年(平成27年) 1.3万km以下 シルバー 2019年04月 36.0万円
ミラージュ M 2016年(平成28年) 1.4万km以下 シルバー 2019年04月 40.6万円
ミラージュ 1.2G 2016年(平成28年) 3.9万km以下 レッド 2019年04月 54.5万円
ミラージュ M 2015年(平成27年) 1.1万km以下 シルバー 2019年04月 32.9万円
ミラージュ S 2015年(平成27年) 5.2万km以下 シルバー 2019年04月 30.2万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額査定時期
ミラージュ M2016年(平成28年) / 1.9万km以下 / ブラック 50.1万円 2019年04月
ミラージュ G2014年(平成26年) / 2.6万km以下 / シルバー 31.5万円 2019年04月
ミラージュ M2015年(平成27年) / 1.1万km以下 / グレー 31.1万円 2019年04月
ミラージュ G2015年(平成27年) / 1.7万km以下 / シルバー 30.0万円 2019年04月
ミラージュ M2017年(平成29年) / 0.9万km以下 / シルバー 58.5万円 2019年04月
ミラージュ M2013年(平成25年) / 2.4万km以下 / シルバー 31.1万円 2019年04月
ミラージュ 1.2G2016年(平成28年) / 2.1万km以下 / レッド 45.5万円 2019年04月
ミラージュ M2016年(平成28年) / 1.3万km以下 / シルバー 51.2万円 2019年04月
ミラージュ S2015年(平成27年) / 1.1万km以下 / シルバー 31.6万円 2019年04月
ミラージュ M2016年(平成28年) / 4.2万km以下 / パール2 50.2万円 2019年04月
ミラージュ G2015年(平成27年) / 1.3万km以下 / シルバー 36.0万円 2019年04月
ミラージュ M2016年(平成28年) / 1.4万km以下 / シルバー 40.6万円 2019年04月
ミラージュ 1.2G2016年(平成28年) / 3.9万km以下 / レッド 54.5万円 2019年04月
ミラージュ M2015年(平成27年) / 1.1万km以下 / シルバー 32.9万円 2019年04月
ミラージュ S2015年(平成27年) / 5.2万km以下 / シルバー 30.2万円 2019年04月

三菱 ミラージュの買取相場とは

三菱 ミラージュは、1978~2002年まで三菱が製造していた車で、1度生産終了となりその名称が消えるも、2012年に復活を果たし、現在は世界戦略車として世界各国で販売・活躍しています。

 

 

40周年を迎えた歴史的車種

初登場時は映画とタイアップしたり、この三菱 ミラージュという車のためにショップ展開をしたりと、三菱としては相当力を入れた車でした。また、当時はまわりの車と比べて日本車らしからぬスタイリッシュさが目立つボディ形状をしており、その先進性からなかなかの人気を博しました。

初代は1978年に誕生、1983年・1987年・1991年・1995年にフルモデルチェンジがなされ、前述の通りいったん生産終了となりましたが、2012年に最新型が6代目として復活しています。

初代 ミラージュ

 

世界中で販売されるグローバルな車種

この現行型6代目の車体サイズは全長3,795mm×全幅1,665mm×全高1,505mmと従来型よりもコンパクトとなっています。

タイで生産され、日本や東南アジア、ヨーロッパ、オーストラリアといった幅広い地域で販売されています。

コンセプトは「先進国における環境対応車」と「新興国におけるエントリーカー」というもの。

 

 

三菱 ミラージュの特徴

度重なるマイナーチェンジによってシンプルだったエクステリアは迫力を増し、インテリアは上質感を得ました。エンジンも1.2Lに絞られ、駆動方式もFFの1種類のみ、グレードは基本的ながらも充実装備の「M」と上級装備の「G」という2種類のみ、というシンプルでわかりやすい設定となっています。

省資源・省エネルギー・省スペースを唱えているだけあって、23.8km/Lという非常に優秀な燃費と取り回しの良い車体サイズなど、コンパクトカーの良いところを余すところなく備えています。さらに安全性能や運転支援機能もしっかりしているため走行性能もなかなかのもので、運転は快適。

その上なんといっても低価格。上級グレードの「G」でも新車価格は150万円を切ります。軽自動車では物足りないけれど、あまり車にお金をかけたくない…という層にもぴったりとマッチした仕様になっています。

2018年には北米で「ベストエコノミーパフォーマンスカー賞」を受賞。コストパフォーマンスが最高の車、と評価されました。

 

 

ミラージュの中古車市場での需要

とにかく扱いやすく、経済的な面でも優れた車である三菱 ミラージュ。国内だけでなく海外でも人気がある車なので、多少低年式または走行距離がかさんでいてもそこそこの価格がつく可能性があります。海外への販路を持つ買取業者をうまく見つけられれば、査定にも満足のいく結果になりそうですね。

取り回しが良く維持費も優秀であるため、女性からの人気も非常に高いという特徴があります。それもあって、売却時には外観や内装の良しあしが査定額に影響を与える可能性も高くなっています。日頃から洗車や掃除、メンテナンスには気を配るようにしておきましょう。

カラーバリエーションの豊富な車ですが、人気があるのは黒、白といった無難なカラーです。

 

 

三菱 ミラージュを高く売るには

環境にもお財布にも優しい三菱 ミラージュ。中古車市場で引く手あまたのこの車、売却を考えるなら今が良いタイミングかもしれませんよ。

とはいえ、いざ買換えを考えたとき、下取りよりも買取の方が良いとは聞くけれど、どんな業者に依頼していいのかわからない…そんなお悩み、ありませんか?

自分で買取業者を探すのは難しいし、探してみたものの良い業者になかなか巡り合えない、一括査定はたくさんの店から連絡が来るので面倒…と、いろいろ大変ですよね。

 

そんなときにお力になれるのが「車査定・買取の窓口」。

 

お客様それぞれの愛車の状況に合わせた買取業者を厳選して、ご紹介いたします。三菱 ミラージュのように、海外でも人気がある車だからこそその方面に強い業者をお探しすることももちろんできます。

一括査定のように、たくさんの業者から連絡が来るなどという面倒もありません。

まずはどんな結果が出るか期待しながら、無料査定を受けてみることをオススメします。

ご利用も、査定も無料!ぜひ1度、ご相談ください。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!

海外の自動車メーカー

車査定・買取の窓口について