0120808585
MENU

CX-3 (マツダ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
 XD ツーリング Lパッケージ 2015年(平成27年) 3.7万km以下 ワインレッド 114.8万円
 XD ツーリング 2016年(平成28年) 4.0万km以下 ブラック 106.2万円
 XD 2015年(平成27年) 3.9万km以下 シルバー 94.3万円
 XD ツーリング 2015年(平成27年) 1.8万km以下 シルバー 112.6万円
 XD Lパッケージ 2015年(平成27年) 1.9万km以下 ワインレッド 152.3万円
 XD 2018年(平成30年) 0.7万km以下 グレー 132.8万円
 XD ツーリング 2018年(平成30年) 6.8万km以下 シルバー 104.0万円
 XD ツーリング Lパッケージ 2016年(平成28年) 6.6万km以下 レッド 87.3万円
 XD プロアクティブ 2015年(平成27年) 2.1万km以下 パール 120.0万円
 XD 2017年(平成29年) 2.1万km以下 ホワイト 109.3万円
 XD ツーリング 2016年(平成28年) 3.7万km以下 レッド 110.9万円
 XD ツーリング 2015年(平成27年) 3.2万km以下 ホワイト 109.3万円
 XD Lパッケージ 2015年(平成27年) 4.4万km以下 レッド 115.7万円
 XD プロアクティブ Sパッケージ 2017年(平成29年) 0.7万km以下 シルバー 160.7万円
 XD プロアクティブ 2018年(平成30年) 3.0万km以下 パール 114.3万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
 XD ツーリング Lパッケージ2015年(平成27年) / 3.7万km以下 / ワインレッド 114.8万円
 XD ツーリング2016年(平成28年) / 4.0万km以下 / ブラック 106.2万円
 XD2015年(平成27年) / 3.9万km以下 / シルバー 94.3万円
 XD ツーリング2015年(平成27年) / 1.8万km以下 / シルバー 112.6万円
 XD Lパッケージ2015年(平成27年) / 1.9万km以下 / ワインレッド 152.3万円
 XD2018年(平成30年) / 0.7万km以下 / グレー 132.8万円
 XD ツーリング2018年(平成30年) / 6.8万km以下 / シルバー 104.0万円
 XD ツーリング Lパッケージ2016年(平成28年) / 6.6万km以下 / レッド 87.3万円
 XD プロアクティブ2015年(平成27年) / 2.1万km以下 / パール 120.0万円
 XD2017年(平成29年) / 2.1万km以下 / ホワイト 109.3万円
 XD ツーリング2016年(平成28年) / 3.7万km以下 / レッド 110.9万円
 XD ツーリング2015年(平成27年) / 3.2万km以下 / ホワイト 109.3万円
 XD Lパッケージ2015年(平成27年) / 4.4万km以下 / レッド 115.7万円
 XD プロアクティブ Sパッケージ2017年(平成29年) / 0.7万km以下 / シルバー 160.7万円
 XD プロアクティブ2018年(平成30年) / 3.0万km以下 / パール 114.3万円

マツダ CX-3の買取相場とは

マツダのCXシリーズは、いわゆるSUVジャンルのラインナップになっています。CX-〇というように数字が組み合わされていて、その数字が大きくなるにつれて車体サイズも大きくなる、といった具合でのネーミングになっているのです。

 

マツダCX-3とは

その中でマツダ CX-3は、もっともコンパクトなサイズのクロスオーバーSUVです。マツダ デミオをもとにしてつくられた車体は全長4,275mm、全幅1,765mm、全高1,550mmで、日本の道路事情によくマッチしたサイズ。2014年に発表、2015年に販売が開始されました。

最初は1.5Lディーゼルエンジンモデルのみの設定でしたが、順調に売り上げがのびて人気車種となったため、2017年にガソリンモデルも販売されます。何度かの改良を経て、現在は2.0Lガソリンモデルと1.8Lディーゼルモデルが用意されています。

 

マツダのディーゼルエンジンは、従来のものから大幅に改良が施されていて、ガソリン車とほぼ変わらないほどのクリーンさを実現しています。さらに力強さや燃費の良さもガソリン車に引けを取りません。ただしそれゆえか、同レベルのライバル社と比べると多少、車体価格が高めの設定であることも特徴となっています。

 

 

上品さと精悍さを兼ね備えたデザイン

エクステリアは、クーペのようなフォルムと切れ上がったヘッドライトなどがなんとも洗練された雰囲気を醸し出しており、コンパクトながらも上質さが感じられます。しかし弱々しいところはなく、むしろこのサイズとは思えない迫力も。上品さと精悍さを見事に兼ね備えているといったところです。

車内もシックで落ち着きと高級感にあふれたインテリアに満足できそうですが、後部座席は車体サイズなりの乗り心地。デミオをプラットフォームとしているという点からも納得ですが、ファミリーカーとしては多少手狭感があると言わざるをえないかもしれません。とはいえ、長距離ユースが多いのであればともかく、日常使い中心であればそれほど問題はないでしょう。

 

 

高価買取が期待できる人気のタイプは?

マツダ CX-3は、誕生が比較的最近なのもあって、中古車市場においてはそれほど多く出回っていません。そのため、安定した査定額が見込めそうです。

この車を選ぶ層には、その上質な外観にこだわりを持つ人が少なくありません。そのため、普段から洗車やメンテナンスをこまめに行って、細かな傷などにも気を付けておくと良いでしょう。売却時の査定額に少なからず影響が出る可能性があります。

マツダ CX-3の人気グレードは、ベースとなっている「XD」です。特に「XDツーリング」は他のグレードに比べて、リセールバリューが高めになっています。

人気カラーは、他の一般的な車でもやはり定番となっているブラックやホワイトの他に、マツダのシンボルカラーであるレッド(マツダ CX-3ではソウルレッドプレミアムメタリックという名称)も入っているのが、マツダ CX-3の特徴のひとつです。特にこの車の優雅な車体にはレッドが非常に映えます。オプションで有料カラーとなりますが、とても人気が高くなっています。

人気オプションは、ナビや純正のエアロキット、インチアップしたアルミホイールなど。この辺りは、プラス査定が期待できるところです。

 

 

CX-3を高く売るには

マツダ CX-3からの乗り換えを検討中ということであれば、下取りよりも買取をオススメします。といっても、どんな業者に依頼していいのかわからない…自分で買取業者を探すのは難しいし、良い業者になかなか巡り合えないかもしれないし、一括査定はたくさんの店から連絡が来るので面倒…という悩みも出てくるものですよね。

 

そんな方に朗報です。「車査定・買取の窓口」なら、どんな車でも現状に合わせて適切な査定をしてくれるお店を厳選してご紹介。一括査定のように、たくさんの業者から連絡が来るなどという面倒もありません。

まずはぜひ1度、ご連絡ください!

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!