0120808585
MENU

アテンザ (マツダ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
ワゴン XD Lパッケージ 1988年(昭和63年) 4.2万km以下 レッド 170.3万円
ワゴン XD プロアクティブ 1988年(昭和63年) 5.9万km以下 パール 148.7万円
セダン 20S プロアクティブ 1988年(昭和63年) 3.5万km以下 グレー 105.9万円
セダン 25S Lパッケージ 1988年(昭和63年) 2.2万km以下 ブラック 110.4万円
セダン XD プロアクティブ 2016年(平成28年) 6.9万km以下 グレー 103.3万円
セダン XD プロアクティブ 2013年(平成25年) 8.5万km以下 シルバー 74.7万円
セダン XD Lパッケージ 2017年(平成29年) 3.4万km以下 パール 192.4万円
セダン XD Lパッケージ 2015年(平成27年) 2.8万km以下 グレー 173.6万円
ワゴン XD Lパッケージ 1988年(昭和63年) 4.2万km以下 レッド 170.3万円
ワゴン XD プロアクティブ 2016年(平成28年) 5.9万km以下 パール 148.7万円
セダン XD プロアクティブ 1988年(昭和63年) 8.5万km以下 シルバー 74.7万円
セダン XD Lパッケージ 2015年(平成27年) 2.8万km以下 グレー 173.6万円
セダン XD Lパッケージ 2016年(平成28年) 3.4万km以下 パール 192.4万円
セダン XD プロアクティブ 2016年(平成28年) 6.9万km以下 グレー 103.3万円
セダン 20S プロアクティブ 2017年(平成29年) 3.5万km以下 グレー 105.9万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
ワゴン XD Lパッケージ1988年(昭和63年) / 4.2万km以下 / レッド 170.3万円
ワゴン XD プロアクティブ1988年(昭和63年) / 5.9万km以下 / パール 148.7万円
セダン 20S プロアクティブ1988年(昭和63年) / 3.5万km以下 / グレー 105.9万円
セダン 25S Lパッケージ1988年(昭和63年) / 2.2万km以下 / ブラック 110.4万円
セダン XD プロアクティブ2016年(平成28年) / 6.9万km以下 / グレー 103.3万円
セダン XD プロアクティブ2013年(平成25年) / 8.5万km以下 / シルバー 74.7万円
セダン XD Lパッケージ2017年(平成29年) / 3.4万km以下 / パール 192.4万円
セダン XD Lパッケージ2015年(平成27年) / 2.8万km以下 / グレー 173.6万円
ワゴン XD Lパッケージ1988年(昭和63年) / 4.2万km以下 / レッド 170.3万円
ワゴン XD プロアクティブ2016年(平成28年) / 5.9万km以下 / パール 148.7万円
セダン XD プロアクティブ1988年(昭和63年) / 8.5万km以下 / シルバー 74.7万円
セダン XD Lパッケージ2015年(平成27年) / 2.8万km以下 / グレー 173.6万円
セダン XD Lパッケージ2016年(平成28年) / 3.4万km以下 / パール 192.4万円
セダン XD プロアクティブ2016年(平成28年) / 6.9万km以下 / グレー 103.3万円
セダン 20S プロアクティブ2017年(平成29年) / 3.5万km以下 / グレー 105.9万円

マツダ アテンザの買取相場とは

数ある国産車メーカーの中でも、独自路線を走っている印象が強いマツダ。

どこか輸入車を思わせるような、品がありつつも力強いデザインはマツダならでは。また、現在の市場の中心的車種であるミニバンからあえて撤退し、自社のデザインコンセプトや技術力を生かせるSUVの開発に注力するなど、あらゆる面で「マツダらしさ」が貫かれているところがユーザーの支持を集めています。

今回ご紹介する「アテンザ」は、そんなマツダのフラッグシップとなるモデルです。

 

 

マツダらしい存在感を放つデザイン

2002年に発売された初代モデルから数えて、現行モデルは3代目にあたります。

まず第一に目を引くのは、やはりマツダらしい存在感を放つデザインです。

「魂動(こどう)-Soul of Motion」というコンセプトでデザインされたエクステリアは美しくしなやか。アテンザにはセダンとステーションワゴンの2タイプが展開していますが、シャープなイメージのセダン、迫力あるステーションワゴン、どちらも「恰好良さ」は突出しておりユーザーからの評判も上々です。

 

アテンザステーションワゴン

 

アテンザ備えられたあらゆる先進機能

そしてもうひとつの特色は、アテンザにはマツダのあらゆる先進機能がつぎ込まれているということ。

特に有名なのは「SKYACTIV TECHNOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)」でしょう。

スカイアクティブ・テクノロジーとは、エンジン・トランスミッション・プラットフォームといった車の基本性能を総合的に制御して、車全体のバランスと性能を高めるというマツダ独自の技術で、これによりアテンザは快適かつ高水準の走行を実現しています。

また、2018年に行われたマイナーチェンジでは、あらゆる運転環境で危険を回避する安全技術「i-アクティブセンス」も搭載。

フラッグシップモデルにふさわしい、最先端の技術が結晶されていると言っていいでしょう。

 

 

ディーゼルエンジンモデルのラインナップ

さらに特筆すべきは、ディーゼルエンジンモデルがあるということ。

現在、あらゆる自動車メーカーが環境性能や燃費の向上に力を注いでいます。多くのメーカーは電気自動車やハイブリッドモデルを開発しているのに対し、ディーゼル車を進化させる方向に舵を切っているのもマツダの特色と言えます。

ディーゼル車は軽油で動くためガソリンよりもコストが低く低燃費。ディーゼルターボのパワーはもちろん申し分なく、さらにディーゼルエンジン搭載車は補助金や税金の免除も受けられることもあり、アテンザのディーゼルタイプは人気モデルとなっています。

 

 

高く売れるのは現行モデル

中古車市場において、アテンザを高額で売却できるのはやはり現行モデルです。

現行モデルは2012年から販売されていますが、それ以前のモデルになると価値下落が顕著になります。ほとんど値が付かない個体も多くなってきますので、旧モデルを売却するなら早いうちが望ましいでしょう。

 

 

アテンザの人気のタイプ

現行モデルで人気のタイプは、やはりセダンよりワゴンが高めという一般的な傾向が当てはまっています。

また、アテンザはガソリン車とディーゼル車にそれぞれグレードが展開していますが、リセールバリューを考えるとどれも横並び。しいて言えば、最も安いグレードが売却時の損害金額が少ないという点で有利かというくらいです。

年式や走行距離以外で高額査定につながるポイントは、オプションの有無。

マツダの車、特にフラッグシップモデルであるアテンザは特に「恰好良さ」が重要です。エアロパーツなど、見た目に映える装備を付けている場合は取引額が上がりやすくなります。

 

いずれにしても、コンパクトカーやミニバン、SUV主流の中古車市場において、けして需要が高いとは言えないセダンとワゴンというラインナップでもアテンザはなかなかの人気があります。

少しでも高い値段をつけるためにも車の状態は少しでも良好に保ち、早めの売却を心がけてください。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!