0120808585
MENU

NSX (ホンダ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
NSX ベースグレード 1991年(平成3年) 5.1万km以下 レッド 544.1万円
NSX ベースグレード 1995年(平成7年) 10.8万km以下 ホワイト 351.0万円
NSX ベースグレード 1991年(平成3年) 19.8万km以下 レッド 208.4万円
NSX ベースグレード 1991年(平成3年) 11.7万km以下 ガンメタ 225.5万円
NSX ベースグレード 1991年(平成3年) 26.4万km以下 レッド 243.5万円
NSX ベースグレード 1991年(平成3年) 11万km以下 レッド 338.8万円
NSX ベースグレード 1991年(平成3年) 5.4万km以下 レッド 644.9万円
NSX ベースグレード 1990年(平成2年) 8.7万km以下 ブラック 302.0万円
NSX ベースグレード 1991年(平成3年) 3.2万km以下 レッド 581.4万円
NSX タイプR 1993年(平成5年) 1.9万km以下 ホワイト 1838.7万円
NSX タイプR 1994年(平成6年) 1.8万km以下 ホワイト 1985.4万円
NSX ベースグレード 1991年(平成3年) 9.1万km以下 ブラック 373.5万円
NSX ベースグレード 1991年(平成3年) 10.7万km以下 レッド 228.2万円
NSX ベースグレード 1993年(平成5年) 6万km以下 イエロー 620.6万円
NSX ベースグレード 1991年(平成3年) 1.7万km以下 パール 871.2万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
NSX ベースグレード1991年(平成3年) / 5.1万km以下 / レッド 544.1万円
NSX ベースグレード1995年(平成7年) / 10.8万km以下 / ホワイト 351.0万円
NSX ベースグレード1991年(平成3年) / 19.8万km以下 / レッド 208.4万円
NSX ベースグレード1991年(平成3年) / 11.7万km以下 / ガンメタ 225.5万円
NSX ベースグレード1991年(平成3年) / 26.4万km以下 / レッド 243.5万円
NSX ベースグレード1991年(平成3年) / 11万km以下 / レッド 338.8万円
NSX ベースグレード1991年(平成3年) / 5.4万km以下 / レッド 644.9万円
NSX ベースグレード1990年(平成2年) / 8.7万km以下 / ブラック 302.0万円
NSX ベースグレード1991年(平成3年) / 3.2万km以下 / レッド 581.4万円
NSX タイプR1993年(平成5年) / 1.9万km以下 / ホワイト 1838.7万円
NSX タイプR1994年(平成6年) / 1.8万km以下 / ホワイト 1985.4万円
NSX ベースグレード1991年(平成3年) / 9.1万km以下 / ブラック 373.5万円
NSX ベースグレード1991年(平成3年) / 10.7万km以下 / レッド 228.2万円
NSX ベースグレード1993年(平成5年) / 6万km以下 / イエロー 620.6万円
NSX ベースグレード1991年(平成3年) / 1.7万km以下 / パール 871.2万円

ホンダ NSXの買取相場とは

日本には、名車として語り継がれる車がいくつも存在します。今回ご紹介するホンダの「NSX」は、そんな数ある国産車の中でも伝説級の存在感を放つ一台と言えるでしょう。

 

 

ホンダ NSXのすごさ

NSXは、ホンダが産んだ国産スーパーカーです。

「世界に通用するホンダ」をプロジェクトの根幹に据えて開発されたこの車には、市販自動車では世界初であったオールアルミボディの採用、F1や世界のスーパーカーと同じ「MR方式」と呼ばれる駆動方式の選択など、当時の最高峰の技術が惜しみなく注ぎ込まれました。

 

最新性能とドライバーの快適性の両立を実現

さらに特筆すべきなのは、NSXがそれらの最新機能を備えながらも「ドライバーの快適性」を両立していたことです。

当時、スーパーカーと言えばとにかく速く走ることが最も優先されるべき事項でした。ドライバーの居住性は後回しとなり、また乗りこなすには相当な技術も必要だったのです。

しかしNSXはインテリアに革張りシートなどの快適装備を備え、ゴルフバッグも収納可能なトランクも用意されました。

また、エアバックやトラクションコントロールなど、数々の安全機能も搭載されています。

これまで「スーパーカーには不要」とされてきた装備をあえてつけることにより、スーパーカーをより身近に、快適に、安全に楽しむことのできるものへと進化させたのです。

このスタイルはその後、ポルシェなど世界のあらゆるスポーツカーも追従していくことになります。

NSXは、スーパーカーの新たな価値をつくりだした車といっても過言ではありません。

 

 

初代NSXの大流行

NSXの初代モデルが販売されたのは1990年のこと。この時期、日本はまさにバブル景気の真っただ中でした。新車価格が800万円という当時の国産車の最高金額であったにもかかわらず、NSXは生産が追い付かないほどの大ヒットに。その後2006年に生産が終了するまでの15年間、NSXはホンダのフラッグシップモデルとして君臨することになります。

 

そんな伝説の車が2017年に初のフルモデルチェンジ、新型NSXとして復活しました。さらに2019年5月には、マイナーチェンジモデルが販売予定です。

近未来的なシャープさとスーパーカーのパワフルさを両立させたようなデザインは圧倒的な存在感で、新車価格も2000万円超とあらゆる面でレベルアップしているNSX。

超高級車にも拘わらず納車は数年待ちという状況から、その人気ぶりがうかがえます。

 

 

NSXの中古車市場での需要

NSXは工場による大量生産ではなく手作業で作られる特別な車であり、近年販売された新型NSXも受注から納車まで数年は要すると言われています。

そのため中古車市場では新型はほぼ見られない状況で、現在取引されているのは1990年から2006年に販売されていたモデルとなります。

 

もっとも古い個体でも20年ほど経過していることになりますが、前述したとおりNSXはスーパーカーの歴史の節目となった名車中の名車です。

販売当初から国内のみならず世界でも多くのファンがいる車ですので、中古車市場における価値も超一級。古い個体であっても、走行距離が多くても、どんなグレート・色であっても高額査定が期待できるでしょう。

 

 

人気モデルは「タイプR」

中でも飛びぬけて価値が高いのは、1992年から3年間のみ販売されたスポーツモデルである「タイプR」。

初代モデルから快適装備を取り除き、走りに特化したこのモデルは新車価格を超える1000万円以上の査定がつくことも珍しくありません。

そのほか、オープントップモデルの「タイプT」や、1997年に登場したスポーツモデル「タイプS」なども希少性が高く、プレミア価格で取引されています。

 

どんな個体であっても間違いなく高額査定が期待できるNSX。車の状態が良ければさらに価格は上がっていきます。

特に走行距離が少ないものほど評価は高くなりますので、NSXの売却を考えている場合は車の状態を少しでも良好に保ち、早めに査定を受けることをお勧めします。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!