0120808585
MENU

ジェイド (ホンダ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
 RS 1988年(昭和63年) 3.9万km以下 ブラック 121.5万円
 RS ホンダセンシング 2015年(平成27年) 0.4万km以下 グレー2 156.2万円
 RS 2016年(平成28年) 3.0万km以下 ブラック 126.7万円
 RS 2017年(平成29年) 8.2万km以下 ブラック 135.0万円
 RS ホンダセンシング 2015年(平成27年) 0.6万km以下 ブラック 118.8万円
 RS 2018年(平成30年) 0.9万km以下 パール2 171.0万円
 RS 2018年(平成30年) 3.2万km以下 グレー 99.2万円
 RS 2015年(平成27年) 11.8万km以下 シルバー 65.1万円
 RS 2015年(平成27年) 5.8万km以下 ブルー 90.0万円
 RS 2015年(平成27年) 0.8万km以下 シルバー 113.9万円
 RS 2016年(平成28年) 3.9万km以下 パール2 108.5万円
 RS 2015年(平成27年) 5.5万km以下 パール 83.3万円
 RS 2015年(平成27年) 12.6万km以下 ブラック 53.1万円
 RS ホンダセンシング 2015年(平成27年) 0.6万km以下 パール2 162.0万円
 RS 2016年(平成28年) 3.9万km以下 パール2 108.5万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
 RS1988年(昭和63年) / 3.9万km以下 / ブラック 121.5万円
 RS ホンダセンシング2015年(平成27年) / 0.4万km以下 / グレー2 156.2万円
 RS2016年(平成28年) / 3.0万km以下 / ブラック 126.7万円
 RS2017年(平成29年) / 8.2万km以下 / ブラック 135.0万円
 RS ホンダセンシング2015年(平成27年) / 0.6万km以下 / ブラック 118.8万円
 RS2018年(平成30年) / 0.9万km以下 / パール2 171.0万円
 RS2018年(平成30年) / 3.2万km以下 / グレー 99.2万円
 RS2015年(平成27年) / 11.8万km以下 / シルバー 65.1万円
 RS2015年(平成27年) / 5.8万km以下 / ブルー 90.0万円
 RS2015年(平成27年) / 0.8万km以下 / シルバー 113.9万円
 RS2016年(平成28年) / 3.9万km以下 / パール2 108.5万円
 RS2015年(平成27年) / 5.5万km以下 / パール 83.3万円
 RS2015年(平成27年) / 12.6万km以下 / ブラック 53.1万円
 RS ホンダセンシング2015年(平成27年) / 0.6万km以下 / パール2 162.0万円
 RS2016年(平成28年) / 3.9万km以下 / パール2 108.5万円

ホンダ ジェイドの買取相場とは

ジェイドは、ホンダが2000~2014年の間に販売していた「ストリーム」の後継車種にあたる車です。

ストリームは車高の低いスポーティーなミニバンでしたが、ジェイドもその流れをくんだ低重心のボディが大きな特徴となっています。低重心ならではのスポーティーな走りを実現し、かつ多人数乗車が可能で取り回しもしやすいミニバン。ジェイドはこれまでになかった新しいスタイルを切り開くべく、まずは2013年に中国で販売。そしてその2年後、2015年に国内販売が開始されました。

 

 

ミニバンとしてのジェイドの低迷期

しかし国内市場では、「ミニバン=使い勝手の良さ」というイメージが圧倒的に強く、ジェイドの立ち位置は「中途半端」としか受け入れられなかったようです。

 

ミニバンなのに背が低く、車内が狭い

ミニバンなのに6人乗り。しかも3列目のシートが補助席的なもので快適性が低い

ミニバンなのにスライドドアが未搭載

 

という、住み分けを狙ったジェイドの特徴がすべてミニバンの持つメリットを打ち消す結果となり、国内での販売台数は伸び悩んでしまいました。

 

 

ステーションワゴンとしてのジェイドの再誕

そこでジェイドは、2018年に思い切ったマイナーチェンジを行います。

マイナーチェンジといっても、この改良は「ジェイドのコンセプトそのもの」に及ぶ大改革でした。

従来の3列シートモデルに加え、新たに2列シート5人乗りのニューモデルが追加されたのです。3列シートを廃止したモデルの登場、それはつまり「ミニバン」ではなく「ステーションワゴン」としてのジェイドが再発進したと言えます。

 

海外での需要

しかし、このモデルチェンジによって国内需要が向上したかと問われたら、現状では厳しいと答えざるを得ない状況が続いています。

ミニバンを求めるならミニバンの、ステーションワゴンを求めるならステーションワゴンの人気車種が市場に揃っている状態で、それらに打ち勝つにはどうしても一歩及ばない印象はぬぐえず、「次世代の開発はなくこのまま廃止されるのでは」という噂がまことしやかにささやかれるほどに低迷は続いています。

一方、中国市場では販売台数を順調に伸ばしているという事実も見逃せません。このまま1代限りで終わってしまうのか、海外専売になってしまうのか、中国での高評価を受け国内モデルがさらに進化していくのか…

ジェイドの今後の躍進に期待したいところです。

 

 

ジェイドの中古車市場での需要

これまでジェイドのマイナス点ばかりを述べたように思えるかもしれませんが、中古車市場におけるジェイドの価値は実はそこまで悪いものではありません。

ジェイドはもともと運転性能は優れたモデル。さらに、ホンダセンシングなどホンダならではの先進安全機能も搭載しており、車としては間違いなく優秀なのです。

また、発売から数年しか経過しておらず車体が十分新しいこと、流通量が少ないことから買取価格もそこそこの高値が期待できるはずです。

 

 

ジェイドを高く売るには

しかし、ここ数年は価値下落が進んでいる傾向にあるようです。

理由のひとつは、昨年マイナーチェンジが行われたこと。

もうひとつは、2015年の販売から今年で4年目を迎え、3年落ちにあたる個体が増えたことにあります。

また、ジェイドはステータス性が高い車ではありませんので、「年式が古くなればなるほど、走行距離が増えれば増えるほど価値が下がる」という傾向もそのまま当てはまってしまいます。

 

ジェイドの売却を考えるならば、行動は早ければ早いほどいいでしょう。

まずは無料査定などを受けてみてはいかがでしょうか。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

実際にジェイドを査定したお客様の口コミ

車種: H・K様
グレード:
査定時期
2020年01月
年式
2016年(平成28年)
走行距離
1500万km以下
すぐに査定会社を決めてくださり、とてもスムーズでした!ありがとうございました!

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!