0120808585
MENU

ハイエース (日本) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ハイエースワゴン ワイド DX ロング ミドルルーフ 2008年(平成20年) 5.2万km以下 ホワイト 2019年01月 97.9万円
ハイエースワゴン ワイド DX ロング ミドルルーフ 2015年(平成27年) 3.9万km以下 ホワイト 2019年01月 153.8万円
ハイエースバン DT DX ロング GLパッケージ 2013年(平成25年) 99.4万km以下 シルバー 2019年01月 99.4万円
ハイエースバン DT スーパーGL ロング 2007年(平成19年) 36.4万km以下 シルバー 2019年01月 49.3万円
ハイエースバン DT DX ロング GLパッケージ 2014年(平成26年) 5.3万km以下 シルバー 2019年01月 181.7万円
ハイエースバン DT 1.25t DX ロング 2010年(平成22年) 20.4万km以下 ホワイト 2019年01月 46.9万円
ハイエースバン DT スーパーGL ロング 2008年(平成20年) 35.5万km以下 シルバー 2019年01月 37.9万円
ハイエースバン スーパーGL ロング 2002年(平成14年) 16.4万km以下 ホワイト 2019年01月 38.8万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額査定時期
ハイエースワゴン ワイド DX ロング ミドルルーフ2008年(平成20年) / 5.2万km以下 / ホワイト 97.9万円 2019年01月
ハイエースワゴン ワイド DX ロング ミドルルーフ2015年(平成27年) / 3.9万km以下 / ホワイト 153.8万円 2019年01月
ハイエースバン DT DX ロング GLパッケージ2013年(平成25年) / 99.4万km以下 / シルバー 99.4万円 2019年01月
ハイエースバン DT スーパーGL ロング2007年(平成19年) / 36.4万km以下 / シルバー 49.3万円 2019年01月
ハイエースバン DT DX ロング GLパッケージ2014年(平成26年) / 5.3万km以下 / シルバー 181.7万円 2019年01月
ハイエースバン DT 1.25t DX ロング2010年(平成22年) / 20.4万km以下 / ホワイト 46.9万円 2019年01月
ハイエースバン DT スーパーGL ロング2008年(平成20年) / 35.5万km以下 / シルバー 37.9万円 2019年01月
ハイエースバン スーパーGL ロング2002年(平成14年) / 16.4万km以下 / ホワイト 38.8万円 2019年01月

ハイエースの買取相場とは

トヨタ ハイエースが誕生したのは、1967年のこと。実に50年以上ものロングセラーを誇る車種です。
その車体はとにかく「でかい!」の一語に尽きる、相当な存在感とインパクトを持っています。

積載量と車体の頑丈さには定評があり、商社車の代表的な車種となっているといえるでしょう。
救急車などの緊急車両や福祉車両、幼稚園バスなどにカスタムされたトヨタ ハイエースが街を走っている光景は、毎日のように見られるのではないでしょうか。

圧倒的な丈夫さ

前述のようにとにかく車体が頑丈で丈夫なので、目立つ故障はなかなかしません。
これは、元々商用車として重い荷物を長距離にわたって運ぶことを想定しているため。
寿命は大変長く、他の車種であればとっくに廃車になっているような走行距離でも、故障や不具合がほとんど見られないということがよくあります。

その上、パーツが大変豊富に用意されているという特長も持ちます。
車体さえ残っていれば、どんな状態からでも直せるという強みを持ち、さらにカスタム性も非常に高くなっているのです。

このことから、商用車や特殊車両としてだけでなく、一般用・家庭用としても大人気。日本国内のみならず、海外でも大きな需要があります。

多様な用途で需要大

自転車やサーフボード、スキーなどを楽々運んだり、ベッドや調理場を積んで居住性を持たせてキャンピングカー仕様にしたり、趣味に合わせて自由にカスタマイズ。
大人数を乗せるのも、たくさんの荷物を運ぶのもお手のもの。

とにかく「目的」「人数」「載せるもの」によって、無限ともいえるカスタムパターンが存在します。

このようにさまざまなニーズに対して柔軟に応えてくれるトヨタ ハイエースは、中古であろうが、走行距離が多少かさんでいようが、引く手あまたです。
そのため中古市場でも価格は下がりにくく、他の車種に比べて売却時には圧倒的に良い値段がつきやすくなっています。

最新の5代目モデル

現在のトヨタ ハイエースは5代目にあたりますが、4回目のモデルチェンジは2004年だったため、マイナーチェンジは繰り返しているといえども、もう相当長い間この5代目が現役でいることになります。
5代目は、快適さや走行性を貪欲に求めてマイナーチェンジを繰り返しているため、ワンボックス車としてのまさに完成形といっても過言ではない出来。トヨタ ハイエースの人気を長きにわたって支え、さらに不動のものとしているのですね。

ハイエースの種類

現行のトヨタ ハイエースは、2ナンバーの「コミューター」(乗車人数14名のマイクロバス。普通免許では運転できない)、1・4ナンバーの「バン」(主に商用、荷物を運ぶための車で乗り心地はワゴンに劣る)、3ナンバーの「ワゴン」(主に乗用)という3種類の区分を持ちます。

この3種類にはそれぞれグレードが設定されていて、

コミューター…DX・GL
バン…DX・スーパーGL
ワゴン…DX・GL・グランドキャビン

というように4つのグレードが3種類にそれぞれ振り分けられています。

ここに、ボディの長さが2種類。

・ロング(全長4695mm)
・スーパーロング(全長5380mm)

さらに、幅が2種類。

・標準ボディ(全幅1695mm)
・ワイドボディ(全幅1880mm)

そして、ルーフ形状。

・標準(全高1980mm)
・ミドル(全高2105mm)
・ハイ(標準ボディのみの全高2240〜2245mm、ワイドボディのみの全高2285mm)

というように、かなり細かく車体の大きさの選択肢が入ってきます。

つけ加えるなら、バンのフロア形状のみ「標準」「ジャストロー」という差も存在し、また燃料に関してはディーゼルかガソリンで選ぶことが可能。
カスタム以前に、さまざまな選択肢が用意されているということですね。

コミューター・バン・ワゴンの3種類で、もっともリセールバリューが高くなる傾向にあるのはバンです。
海外ではグレードがDXのMT車であるバンが特に大人気。廃車寸前でも、どんなに古くても、驚くほどの高値がつくことがあるようです。

しかし、これはあくまで「トヨタ ハイエースの中で比較すると」というお話。
どんなタイプでも、またどんなグレード・車体でも依然として全体的に大人気車種であることには変わりありません。

どれだけの価格がつくか、ある意味楽しみでもありますよね。
1度無料査定を受けてみてはいかがでしょうか?

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!

海外の自動車メーカー

車査定・買取の窓口について