0120808585
MENU

コペン (ダイハツ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
コペン アクティブトップ ターボ 2002年(平成14年) 12.5万km以下 グレー 2018年11月 21.92万円
コペン タンレザーエディション 2005年(平成17年) 6.2万km以下 グリーン 2018年11月 38万円
コペン セロ 2016年(平成28年) 1.5万km以下 ブルー2 2018年11月 133.2万円
コペン ローブ 2014年(平成26年) 1.5万km以下 レッド2 2018年11月 96万円
コペン セロ 2016年(平成28年) 4.8万km以下 オレンジ 2018年11月 101.2万円
コペン アクティブトップ ターボ 2003年(平成15年) 7.2万km以下 グリーン 2018年11月 22.64万円
コペン アクティブトップ ターボ 2003年(平成15年) 7.9万km以下 レッド 2018年11月 14.72万円
コペン アクティブトップ ターボ 2004年(平成16年) 11.1万km以下 レッド 2018年11月 18.56万円
コペン セロ S 2018年(平成30年) 0万km以下 シルバー 2018年11月 125.12万円
コペン アクティブトップ ターボ 2004年(平成16年) 5.5万km以下 シルバー 2018年11月 39.04万円
コペン アクティブトップ ターボ 2006年(平成18年) 6万km以下 シルバー 2018年11月 23.28万円
コペン アクティブトップ ターボ 2004年(平成16年) 3.5万km以下 レッド 2018年11月 32.8万円
コペン 2nd アニバーサリーエディション 2004年(平成16年) 16.5万km以下 パール 2018年11月 15.68万円
コペン ローブS 2017年(平成29年) 0.4万km以下 ブラック 2018年11月 127.68万円
コペン ローブ 2014年(平成26年) 1.8万km以下 ブルー 2018年11月 80.08万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額査定時期
コペン アクティブトップ ターボ2002年(平成14年) / 12.5万km以下 / グレー 21.92万円 2018年11月
コペン タンレザーエディション2005年(平成17年) / 6.2万km以下 / グリーン 38万円 2018年11月
コペン セロ2016年(平成28年) / 1.5万km以下 / ブルー2 133.2万円 2018年11月
コペン ローブ2014年(平成26年) / 1.5万km以下 / レッド2 96万円 2018年11月
コペン セロ2016年(平成28年) / 4.8万km以下 / オレンジ 101.2万円 2018年11月
コペン アクティブトップ ターボ2003年(平成15年) / 7.2万km以下 / グリーン 22.64万円 2018年11月
コペン アクティブトップ ターボ2003年(平成15年) / 7.9万km以下 / レッド 14.72万円 2018年11月
コペン アクティブトップ ターボ2004年(平成16年) / 11.1万km以下 / レッド 18.56万円 2018年11月
コペン セロ S2018年(平成30年) / 0万km以下 / シルバー 125.12万円 2018年11月
コペン アクティブトップ ターボ2004年(平成16年) / 5.5万km以下 / シルバー 39.04万円 2018年11月
コペン アクティブトップ ターボ2006年(平成18年) / 6万km以下 / シルバー 23.28万円 2018年11月
コペン アクティブトップ ターボ2004年(平成16年) / 3.5万km以下 / レッド 32.8万円 2018年11月
コペン 2nd アニバーサリーエディション2004年(平成16年) / 16.5万km以下 / パール 15.68万円 2018年11月
コペン ローブS2017年(平成29年) / 0.4万km以下 / ブラック 127.68万円 2018年11月
コペン ローブ2014年(平成26年) / 1.8万km以下 / ブルー 80.08万円 2018年11月

コペンの買取価格・下取りの相場とは

copen

ダイハツ初の本格スポーティオープンカーとして誕生したコペンは、コンパクトでスポーティなドライビングを楽しめる車として多くの人を魅了しました。

販売台数が比較的少なめなので、中古車市場では貴重な車種として扱われることもあるなど、高額買取が期待できますが、今回はこのコペンの特徴や買取相場の傾向をご紹介します。

※文中の買取・査定額表示はすべて2018年10月時点のものになります

売りに出す前に、買取価格や相場を知ることが大切

コペンは2002年に初代モデルが誕生し、現在は2代目モデルが続いています。内外装ともに、初代と2代目では大きく変更されているのが特徴です。

数少ない軽自動車のオープンカーですが、2人乗りのスポーツカーで電動の開閉式ルーフであることが大きな特徴と言えるでしょう。

多数のエディションが発売されていることで、ドレスアップを目的としている場合もあることから、カスタムしていても他の車種よりは比較的に買取価格が高額になりやすいと言えます。

コペンは軽自動車なのにスポーティで躍動感あふれるデザインで、外車のオープンカーのような雰囲気を楽しめる人気の車です。

このような魅力の高いコペンですが、もし売りに出すなら中古車市場においていくらで取引されているのか、価格相場を知っておくようにしましょう。

コペンはハイブリッドモデルが人気!

コペンは開発時期ごとに多数のエディションが販売されているため、エディションごとに買取査定額は異なります。

コペンで最も人気があるのは「セロ」で、続いて「エクスプレイ」「ローブ」「ローブS」「アルティメットエディションS」「アクティブトップ」という順になります。

例えば2018年式モデルの「セロ」で、走行距離が1万キロ程度なら、約158万円の買取価格が付きます。(201810月現在)

コペンなら古い年式でも高額査定が期待できる!

年式は2012年以降のモデルなら100万円以上の買取相場になるでしょうが、そもそもの在庫数が少ないので、多少年式が古くても高額な価格になる可能性はあります。(201810月現在)

例えば2007年式でも約5685万円の買取価格になるなど、他の車種よりは高額査定の傾向です。(201810月現在)

コペンの買取価格・下取りの相場は「時価」

中古車市場であまり出回っておらず、その希少性が注目されているコペンは、年式が古くても十分に値段が付く車種と言えます。

そのため、もしディーラーの下取り価格で満足できないのなら、買取店に査定に出してみましょう。

しかし、中古車はその時点で商品としての価値とも言える「時価」で査定されます。いくら年式が古くても高額買取になりやすい車種だからといっても、できるだけ新しいほうが高額査定になりやすいのです。

1日でも早く売ったほうが、高い価格で買い取ってもらいやすくなると言えますので、まずは気軽に無料査定を試してみてはいかがでしょう。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!

車査定・買取の窓口について