0120808585
MENU

メーカーオプションを中古車に後付けできるの?メーカーオプション付きの中古車を探す方法

車を高く売る お得な情報を受け取る

純正カーナビやサンルーフ、セキュリティシステムなど、新車を購入する際に取り付けられる「メーカーオプション」。各車種のためだけに用意されたオプションは、車の機能を高めるだけでなく、デザイン的にも統一感があり、車のクオリティを一気に向上させることができます。

 

ところで、一つ気になるのは、中古車を購入した場合「メーカーオプションを後付けできるのか」ということ。中古車とはいえ、まったく同じ車であれば、オプションをあとから搭載できてもいいような気がしますよね。

 

そこでこちらの記事では、中古車に対するメーカーオプションの後付けについてまとめてみたいと思います。

メーカーオプションとは?

メーカーオプションとは、純正カーナビやステレオ、サンルーフ、セキュリティシステム、エアロパーツなど、新車購入時に取り付けることのできるパーツなどを指します。

 

メーカーオプションと通常の車用品の最大の違いは、メーカーオプションは新車を製造する際に、工場で取り付けられるという点です。別の言い方をすると、製造時に取り付けをしなければ、後付けが難しいパーツがほとんどであり、主に前述のようなナビゲーションシステムやセキュリティシステム、または本革シートなどがこれに当たります。

 

つまり、メーカーオプションは工場で事前に搭載することを前提としており、基本的には後付けをしない、もしくはできないことになっているのです。

メーカーオプションが後付けできない理由

では、メーカーオプションはなぜ後付けすることができないのでしょうか。

 

実はメーカーオプションの多くは、単に車に「設置」するものではなく、車を作る段階で特別な配線を組み込み、内部に搭載するパーツがほとんどなのです。場合によっては、ボディーの鉄板加工が必要なものもあり、文字通り、メーカーオプションを「前提」として製造工程が敷かれるのです。

 

そのため、技術的に不可能とはいえないまでも、パーツを後付けするためには、車を一旦分解したり、再加工したりする必要があるため、膨大な作業工程やコストがかかります。

 

とくに自動車製造は、その大部分が機械化されており、イレギュラーな対応が極めて難しいこともあるため、結果的に、メーカーもオプションの後付けに対応していないのが一般的です。

メーカーオプションのメリット・デメリット

メーカーオプションには、次のようなメリットとデメリットがあります。

メーカーオプションのメリット

統一感がある

メーカーオプションとは、文字通りの「純正」パーツです。その車のためだけに製造された部品であり、その車に搭載することを前提としているため、もちろん車体との統一感は完璧です。デザイン面での統一感はもちろんですが、「後付け」ではないため、車内スペースをムダに削るような心配もありません。同じ性能を求めるのであれば、純正品を選んだほうが、当然にスマートに収まります。

評価額が上がる

一般的に、車に何らかの改造を施した場合、よほどのことがない限り評価額は下がってしまうものですが、純正オプションについては、査定額の上がることがよくあります。純正オプションは、あまり利用者の好みに関わらず、単純に車のスペックを上げるものであり、さらに上述のようにデザイン的な統一感もあるため、評価のよくなる理由の方が多いからです。

メーカーオプションでのみ搭載できる機能がある

メーカーオプションのなかには、そもそもメーカーオプションでしか搭載できない機能があります。分かりやすいところでいえば、自動停止機能に代表されるような先進安全技術が挙げられ、また物理的な部分では、サンルーフなども該当します。

 

これらは、後付けができないだけでなく、そもそも他の製品で代用することができないため、メーカーオプションで選択する以外に、設置する方法がありません。

メーカーオプションのデメリット

価格が高い

メーカーオプションのほとんどは、同じ目的の社外オプションと比べても、価格が高いことがほとんどです。気軽にオプションをたくさん選んでしまうと、驚くような総額になってしまうこともあります。

後付けができない

先ほども説明したように、メーカーオプションは基本的に後付けができません。要らないと判断したけれど、購入後にやっぱりほしくなった・・・と思っても、どうすることもできないのです。そのため、購入時にはかなり慎重に、オプションが必要なのかどうか、熟考する必要があります。

バランスを損なう事もある

いくら純正のオプションとはいえ、もちろん個性的なデザインのパーツもあります。一概には言えませんが、メーカーとしても、すべてのメーカーオプションを同時に設置するとは考えていないはずです。つまり、パーツの組み合わせや「付け過ぎ」によって、かえって車体のデザイン性が損なわれてしまう可能性もあるのです。

 

せっかく高いお金を払って取り付けたのに、結局外すようなことになってしまっては元も子もないので、購入時によくよく検討する必要があります。

メーカーオプション付きの中古車を探す方法

前述のように、メーカーオプションは後付けすることができません。まったく同じ車を中古車で購入したとしても、残念ながら後から好みのオプションを搭載することは出来ないのです。

 

つまり、中古車にメーカーオプションを搭載するためには、オプションを追加する方法を探すのではなく、欲しいオプションが搭載されている中古車を探す必要があるわけです。

 

その際、次の2点を心がけると、好みのオプション車を見つけやすくなります。

1.本当に必要なオプションを見つけておく

メーカーオプションは色々と種類があり、漠然と「オプション搭載車が欲しい」と考えていると、なかなか好みのものに出会えません。そのため、まずは自分にどのようなスペックが必要なのか、しっかりと考えておきましょう。たとえばバック駐車が苦手な場合は、バックモニターや自動運転・停止機能があると便利です。本革シートが欲しければ、自ずとそのオプションが必須になるでしょう。

 

このように、まずは自分が欲しいオプションをイメージしておくようにします。

2.最優先のオプションに絞り込む

必要なオプションをイメージしたら、そこに優先度をつけ、できれば最優先のオプションを1~2つに絞り込むようにします。

 

というのも、ひとくちにメーカーオプションといってもその内容は多岐にわたり、組み合わせを考えたら、さらに膨大な数に及びます。つまり、自分の欲しいオプションをぴたりと搭載した中古車に出会う確率は、かなり低いのです。

 

しかし、最優先のオプションを1~2つだけに絞っておけば、そのような中古車を見つけられる可能性は一気に上がります。

 

そのため、必ず譲れないオプションを絞り込み、ネットで検索したり、中古車販売店に探してもらうようにしましょう。

メーカーオプションとディーラーオプションの違い

メーカーオプションに近いものとして、「ディーラーオプション」が挙げられます。ディーラーオプションとは、ディーラーの工場で装着できるオプションパーツを指します。

 

メーカーオプションとディーラーオプションの決定的な違いは、ディーラーオプションは「後付けができる」という点です。そのため、ディーラーオプションには、シートカバーやフロアマット、サイドバイザー、エアロパーツ、オーディオ、カーナビなど、比較的簡易的に設置できるものが挙げられます。

 

ちなみに、そもそもディーラーオプションは、値引き代わりのサービスという側面が強く、メーカーオプションのような統一感や、性能に対するこだわりはそれほどありません。

まとめ

このように、「メーカーオプション」は後付けができないため、中古車を購入後に搭載することは出来ません。そのため、もしメーカーオプションが欲しい場合には、メーカーオプション付きの中古車を探すようにしましょう。

 

中古車を探す際には、「遭遇率」を上げるために、自分の欲しいオプションを事前に挙げておき、さらに最優先のオプションを1~2つに絞り込むようにしてくださいね。

車を高く売る お得な情報を受け取る

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

関連記事

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!