0120808585
MENU

自動で駐車ができるのはどうして?最新自動駐車の仕組みを解説

車を高く売る お得な情報を受け取る

各自動車メーカーから、自動駐車機能を搭載した最新の車が販売されています。しかし、ハンドルを一切操作せずに、どうして車が勝手に駐車してくれるのでしょうか。手動運転が当たり前の私たちにとって、完全に車に身を任せるのは、少し不安がありますよね。

 

そこでこちらの記事では、自動駐車の仕組みについてご紹介します。

自動駐車とは?

自動駐車とは、駐車時に自動でハンドル操作をしてくれる機能を指します。車自体が自動でハンドルを動かすため、ドライバーは周囲の安全を確認しながら、アクセルやブレーキを踏み、車の動きたいように動かしていれば、問題なく駐車をしてくれます。

 

車のサイドや後方は、ドライバーが目視できない部分です。そのため、駐車は走行以上に接触事故が起きやすいポイントであり、駐車を苦手とする人は少なくありません。

 

自動車会社は駐車の事故を減らすべく、かねてより、後方の映像、または上空からの映像をドライバーに届ける技術を開発してきましたが、近年はそこにハンドル操作を加え、自動操縦を可能としています。

 

なお、自動駐車機能はメーカーによって呼び方が異なり、トヨタや日産では「インテリジェントパーキングアシスト」、ホンダでは、「スマートパーキングアシストシステム」、ベンツでは「アクティブパーキングアシスト」などと呼称されています。

 

メーカーによって若干操作方法は異なるものの、基本的には駐車をアシストしてくれる自動機能という点で共通しています。

自動駐車の仕組み

自動駐車は主に次のような技術によって実現されています。

1.位置特定技術

まずはこれまでと同様に、GPSや高精度地図を利用して、車の位置を正確に把握します。

2.周囲認識技術

車の周囲に設置されたカメラやセンサー、レーダーを使って、周囲の障害物を感知し、車が現在置かれている状態と駐車位置を認識します。

3.AIによる分析

AIがビッグデータと現在の車の状況を照会し、駐車に至るまでのもっとも有効な走行手段を割り出します。あとは導き出した「答え」にもとづき、ハンドルが自動操作されるだけです。

 

ちなみに、自動走行も同様の技術によって実現を目指しています。

自動駐車機能を搭載した車種

現在、自動駐車機能を搭載している主な車種として、トヨタの『プリウス』『ヴェルファイア』、ホンダの『オデッセイ』、日産の『リーフ』、BMWの『5シリーズ セダン』、メルセデス・ベンツの『Cクラス セダン』などが挙げられます。

 

もちろん自動運転を過信しすぎるのは危険ですが、駐車が苦手な人にとっては、ストレスを軽減させてくれる優秀な機能であることに違いはありません。

 

自動駐車に興味のある方は、ぜひ自動駐車機能を搭載した車をチェックしてみてください。

車を高く売る お得な情報を受け取る

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

関連記事

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!