MENU

ディーゼル車ってどんな車?ガソリン車との違いとメリット・デメリット②

車を高く売る お得な情報を受け取る

「ディーゼル車ってどんな車?ガソリン車との違いとメリット・デメリット①」続きになります。今回はメリット・デメリットを中心にお伝えします。

ディーゼルエンジンのメリット

ディーゼルエンジンの特徴や性能が分かったところで、ディーゼルエンジンを選ぶメリットについてまとめて見たいと思います。

1.燃料代が安い

前述の通り、ディーゼル車はガソリンではなく軽油を燃料として使います。そして軽油は、ガソリンよりも税金が安いために、ガソリンより安い価格で給油することができます(1リットルあたり20円ほど安い)。そのため、使用期間が長くなればなるほど、その恩恵を受けられるのです。

2.燃費が良い

ディーゼル車はガソリン車よりも燃費が良いという長所があります。具体的に同じ車種で違いを比べてみると、次のようになります。

マツダCX-5

ディーゼル

17.2~20.0 km/L

ガソリン

14.6~17.6 km/L

アテンザセダン

ディーゼル

18.2~22.4km/L

ガソリン

10.8~17.4km/L

デミオ

ディーゼル

22.8~30.0km/L

ガソリン

13.8~25.0km/L

たとえばアテンザセダンで比較した場合、ディーゼル車では1リットルあたり22.4km、ガソリン車で17.4kmだとすると、その差は5kmになります。

 

もし1ヶ月で1000kmを走行するとしたら、ディーゼル車の場合は約44.6リットルの軽油、ガソリン車の場合は約57.5リットルのガソリンが必要になり、すでに12.9リットルの違いが生じています。さらに軽油はガソリンより安いわけですから、仮に軽油を120円とすると、

 

軽油・・・44.6リットル×120円=5352円

ガソリン・・・57.5リットル×140円=8050円

 

差額は2698円。年間で32,376円の差になります。5年で16万円、10年で32万円も違うとなると、その燃費の良さはかなり魅力的といえますね。

3.長距離走行や坂道発進が得意

ディーゼル車は初動から強いパワーを発揮できるため、バスやトラックのような大型車に採用されています。ただ、その性能はもちろん一般車でも有効で、たとえば停車から発車に至る際の動きがスムーズであったり、坂道発進でも余裕をもって走り出すことができます。また、高速道路での加速や合流もしやすく、安定してパワーを発揮できるため、長距離走行に向いています。

4.クリーンディーゼルは静粛性が高く、振動が少ない

従来のディーゼル車は、振動が強く、騒音が大きいのが特徴的でした。しかし、クリーンディーゼルの登場により、振動が激減し、また静粛性もかなり高くなっています。

ディーゼル車のデメリット

ガソリン車と比較して様々な長所を持つディーゼル車ですが、もちろん短所もあります。

1.価格が高い

ディーゼル車は、ガソリン車より頑丈なエンジンが必要であることから、製造コストが高くなる傾向があります。実際に、同じ車種の場合、ガソリンモデルに比べてディーゼルモデルの方が高価なケースがほとんどです。

 

ただし、ディーゼル車は燃費が良く、また軽油代も安価で、さらにクリーンディーゼルの場合はエコカー減税も採用されることから、長い目で見たときは、あまり価格が変わらなくなるかもしれません。

2.メンテナンス費用が高い

ディーゼル車は窒素酸化物(NOx)を浄化するための尿素SRCシステムを搭載していますが、これには尿素水の補充が必要であるため、その購入費用が発生します。

 

また従来のディーゼル車は車体にススがたまりやすく、定期的なメンテナンスはガソリン車よりも多くなるため、比較的維持費が高くなる可能性があります。

3.ハンドリングが悪い

従来のディーゼル車は、エンジンが重厚な造りになっている関係で、車重が大きくなる傾向があります。そのため、軽量なガソリン車に比べると前方の重心が重くなり、ハンドリングが悪くなるという欠点もあります。

 

ただし近年のクリーンディーゼルは比較的軽量化されているため、この問題は解決されつつあります。

4.音・振動が大きい

従来のディーゼル車は、ガソリン車に比べて振動が大きく、またエンジンの運動音も大きいという欠点がありました。ただ、こちらについてもクリーンディーゼルの登場により、かなり緩和され、現在ではむしろ振動・音ともに小さい車になっています。

 

ただ、従来の中古車を購入する場合は、この点に注意するようにしましょう。

ガソリン車とディーゼル車はどっちを選んだ方が良いの?

ガソリン車とディーゼル車は、それぞれに長所と短所があるため、絶対にこっちを選んだ方がいい、という回答はできません。あくまで長所・短所を比較しながら、自分に合った車を選ぶようにしましょう。

 

たとえば、ディーゼル車(クリーンディーゼル)は、ガソリン車に比べて燃料代が安く、燃費も良いという特徴もあります。また高速道路での走行にも心強いことから、仕事や趣味などで長距離移動の多い人にオススメの車と言えます。

 

逆に、車の使用頻度がそれほど多くなかったり、狭い範囲の移動にしか用いない場合には、ディーゼル車の価格が高くついてしまう可能性があるため、どちらかといえばガソリン車の方がおすすめです。

車を高く売る お得な情報を受け取る

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

関連記事