0120808585
MENU

整備記録簿は査定額に大きく影響する!高く売りたければ絶対に用意しましょう

車を高く売る お得な情報を受け取る

車の査定額にはさまざまな要素が影響しますが、もっとも重要なものは、「年式」「車の状態」「走行距離」の3点です。なかでも、中古車という観点で重要になってくるのが、走行距離です。走行距離は、ある意味で車の寿命のようなもの。どれだけ人気のモデルでも、走行距離が一定を超えてしまえば、車の価値はなくなってしまいます。

 

その一方、とりわけ交通の便の良い都心部を中心に、「年式は古いけれど、走行距離の少ない」車が多く眠っているといわれています。走行距離が少なければ、それだけ長く乗れるということであり、中古車としてはとても価値のある状態といえます。

 

ただ、走行距離が少ないとはいえ、古い型である以上、気になるのは「部品の消耗度」です。消耗がひどければ、結局のところ査定額は下がってしまいます。では、どのようにして部品の消耗度を証明すればいいのでしょうか。こちらの記事で、詳しくまとめてみたいと思います。

定期点検の記録で証明できる

部品の状態を証明するものとして、「定期点検整備記録簿」という書類が挙げられます。これは12ヶ月または24ヶ月毎に義務付けられている法定点検整備を受けたことを証明するものであり、この書類の中には、消耗品の状態に関する記載があります。

 

つまり、この整備記録簿があれば、部品の状態を証明することができ、もちろん状態が良ければ、査定額に反映してもらえます。

 

逆に、点検記録簿がないと、仮に部品の状態が良かったとしても、証明する手立てがなく、せっかくの価値が認められないことになってしまいます。

 

そのため、査定の前には必ず定期点検整備記録簿を用意しておくようにしましょう。

メーカー保証書も重要

新車を購入した場合は、メーカーから保証書を渡されます。たとえば家電であれば、購入から何年、といった形で保証期間が定められますが、車の場合は、走行距離で定められることもあります(たとえば、走行距離10万kg未満等)。

 

つまり、古い車であっても保証期間に該当する可能性があるため、メーカーの保証書も必ず用意しておくようにしましょう。

個人情報の取り扱いについて

整備記録簿を用意する場合、売却後の個人情報の取り扱いが気になりますよね。

 

実は現在、個人情報保護法の制定により、整備記録は車体番号で管理されるようになり、個人情報が記載されることはなくなりました。そのため、整備記録簿から個人情報が漏れることは決してないので、安心して用意してください。

車を高く売る お得な情報を受け取る

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

関連記事

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!