0120808585
MENU

【徹底比較】車の「下取り」と「買い取り」の違いは??

車を初めて売る際に、まず気になるのが「買い取り」と「下取り」の違いではないでしょうか。

 

中古車の買取店による「買い取り」

ディーラーによる「下取り」

 

この2つは、実は全く異なるものなのです。

それぞれ全く用途が異なりますので、ご自身にあった正しいご選択をしてみてください。

 

買取店での「買い取り」とディーラーの「下取り」の違いとは

この両者の違いを一言でいうと、

「現金がもらえるか、値引きをしてもらえるか」です。

 

中古車の買取店による「買い取り」は、その名の通り買い取りに特化した会社です。そのため、買い取りをメインとしており、より高額に現金での買い取りを行います。

 

一方でディーラーによる「下取り」とは、買取店同様に手放す愛車を引き取ってくれますが、メインの目的は、次に購入する車の割引です。

 

そのため、ただ愛車を手放したいだけなのにディーラーへ行っても、意味がありません。

 

【徹底比較】「買い取り」と「下取り」のメリット・デメリット

中古車の買取店による「買い取り」とディーラーによる「下取り」のメリット・デメリットをそれぞれみてみましょう。

「買い取り」のメリット・デメリット

メリット

・より高額で売却できる

・現金が手に入る

・多くの買い取り店の中から買取額を比較できる

・装備などの備品も買取額に反映される

・出張査定をしてくれるところもある

デメリット

・相場変動により買取額が大きく変わるため、いつ売却するか明確でないと査定額が出づらい

 

「下取り」のメリット・デメリット

メリット

手間がかかりづらい

 新しい車の納車時に、今までの車を引き渡せるので代車などが必要ない

デメリット

・査定額が安い

・査定料金を取られる場合が多い

 買い取りと比べ、10万円以上の差が出る場合も。

・買取店で高額の査定額が出ても、その額に合わせてくれることはない

 

 

より高く売るには

このように、愛車の価値は、どこで手放すかで大きく変わってしまいます。

 

結論から言うと、「買取店での買い取り」の方が、明らかにお得です。

また、買取店の中には、ディーラーの様に台車を用意してくれるところや、書類の手続きなどを簡単にサポートしてくれるところもあります。

 

そのため、新車に乗り換える場合でも、買取店での売却で資金を作ってから購入したほうが、お得になるケースもあるのです。

 

とはいえ、いざ買取店で買い取ってもらおうとしても、買取店は全国各地に無数に存在します。

特に車への知識の少ない方や、車の売却初心者の方は、買取店の選び方なんて難しくてなかなかできません。買取店に騙されないように、うまく、高価買取を実現できるような買取会社を見つけられるといいでしょう。

 

そこで、ここでは買取店を探す手間を省け、かつ正確に高価買取を実現できる、「車査定・買取の窓口」をおすすめしています。

「車査定・買取の窓口」では、過去の取引実績をもとにより良い査定会社をあなたに代わって選定いたします。そのため、複数の販売店との交渉は一切不要ですし、もちろん営業電話が複数の会社から同時にかかってくることもありません。

 

効率的に、高く、愛車を売る方法を、ご自身のお悩みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

 

まずはお気兼ねなくフリーダイヤルまでお問い合わせいただけますと、コールセンター担当がご対応致します。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!

海外の自動車メーカー

車査定・買取の窓口について