MENU

ポロ (フォルクスワーゲン) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
ポロ GTI カップエディション 2008年(平成20年) 6万km以下 ブラック 45万円
ポロ TSI コンフォートライン ブルーモーションテクノロジー 2013年(平成25年) 4.3万km以下 ブルー 36.5万円
ポロ TSI コンフォートライン ブルーモーションテクノロジー 2014年(平成26年) 7.7万km以下 レッド 22.5万円
ポロ 40th エディション 2016年(平成28年) 1.5万km以下 レッド 91万円
ポロ スポーツライン 2008年(平成20年) 3.6万km以下 ダークブルー 15万円
ポロ スポーツライン 2008年(平成20年) 3.5万km以下 ブラック 12万円
ポロ 1.4 コンフォートライン 2008年(平成20年) 1.7万km以下 ブルー 12万円
ポロ 1.4 コンフォートライン 2009年(平成21年) 4.4万km以下 ブラック 18.7万円
ポロ TSI ハイライン 2010年(平成22年) 2.3万km以下 レッド 43.5万円
ポロ 1.4 2006年(平成18年) 6.5万km以下 ブラック 8.7万円
ポロ 1.4 コンフォートライン 2010年(平成22年) 7.4万km以下 ブルー 24.6万円
ポロ TSI コンフォートライン 2015年(平成27年) 7.9万km以下 ホワイト 38万円
ポロ TSI コンフォートライン ブルーモーションテクノロジー 2012年(平成24年) 6.3万km以下 ホワイト 38万円
ポロ 1.4 コンフォートライン 2010年(平成22年) 12.8万km以下 ホワイト 19.5万円
ポロ TSI ハイライン 2011年(平成23年) 2.7万km以下 ダークブルー 43万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
ポロ GTI カップエディション2008年(平成20年) / 6万km以下 / ブラック 45万円
ポロ TSI コンフォートライン ブルーモーションテクノロジー2013年(平成25年) / 4.3万km以下 / ブルー 36.5万円
ポロ TSI コンフォートライン ブルーモーションテクノロジー2014年(平成26年) / 7.7万km以下 / レッド 22.5万円
ポロ 40th エディション2016年(平成28年) / 1.5万km以下 / レッド 91万円
ポロ スポーツライン2008年(平成20年) / 3.6万km以下 / ダークブルー 15万円
ポロ スポーツライン2008年(平成20年) / 3.5万km以下 / ブラック 12万円
ポロ 1.4 コンフォートライン2008年(平成20年) / 1.7万km以下 / ブルー 12万円
ポロ 1.4 コンフォートライン2009年(平成21年) / 4.4万km以下 / ブラック 18.7万円
ポロ TSI ハイライン2010年(平成22年) / 2.3万km以下 / レッド 43.5万円
ポロ 1.42006年(平成18年) / 6.5万km以下 / ブラック 8.7万円
ポロ 1.4 コンフォートライン2010年(平成22年) / 7.4万km以下 / ブルー 24.6万円
ポロ TSI コンフォートライン2015年(平成27年) / 7.9万km以下 / ホワイト 38万円
ポロ TSI コンフォートライン ブルーモーションテクノロジー2012年(平成24年) / 6.3万km以下 / ホワイト 38万円
ポロ 1.4 コンフォートライン2010年(平成22年) / 12.8万km以下 / ホワイト 19.5万円
ポロ TSI ハイライン2011年(平成23年) / 2.7万km以下 / ダークブルー 43万円

フォルクスワーゲン ポロの買取価格・下取りの相場とは

polo

ポロは、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンのハッチバック式コンパクトカーで、初代モデルは1975年、2018年からは6代目モデルが製造・販売されています。

フォルクスワーゲンの主力モデルといえばゴルフですが、ゴルフ同様、フロントにエンジンが横向きに配置された前輪駆動のコンパクトスタイルが特徴です。

日本での年間販売台数は常に1万台という中核モデルで、もっとも特徴的なのはユーザーの6割が女性であるということです。

女性に好まれる理由として、運転しやすいコンパクトなサイズに機動性の良さが挙げられますが、日常の足としてのニーズが高いといえます。

今回はこのポロの特徴や買取相場の傾向をご紹介します。

※文中の買取・査定額表示はすべて2018年11月時点のものになります

VW ポロを売りに出す前に、買取価格や相場を知ることが大切

ポロの本格的な輸入が始まったのは、1996年に発売された3代目モデルからです。

日本のコンパクトカーと同等のサイズで1.4リッターエンジンが搭載されるなど、その運転のしやすさから人気が高い車種です。

2001年には4代目モデルが丸型ヘッドランプを装着して登場し、質感の高まった内装でさらに人気を高めました。

さらに2009年には5代目モデルの登場となりますが、発売当初は1.4リッターノーマルエンジンだったものが、2010年には「TSI」という1.2リッターターボに変更され、1.8リッターエンジン並みの動力と低燃費性を両立させました。

どの世代モデルでもボディは5ナンバーサイズなので、日常使いに便利の良い高品質なコンパクトカーとして親しまれています。

2018年には6代目モデルが登場しましたが、エンジンのダウンサイジング化がさらに進むなど、爽快な走りが実現されています。

このような魅力溢れるポロですが、もし売りに出すなら中古車市場での価格相場を知っておくようにしましょう。

ポロはスポーツモデル「GTI」なら約64万円の買取価格に!

中古車市場では2001~2009年の4代目モデル、そして2009~2018年の5代目モデルの人気が高めです。特に2002年から日本発売となった4代目モデルを中心に流通量は多くなるため、買取も積極的に行われています。

査定価格が高いグレードは、4ドアタイプやスポーツモデルである「GTI」、特別仕様車である「アベニーダ」や「ヴィアッジョ」です。

例えば2009年式モデルの「ポロ GTI」で走行距離2~3万キロであれば、約64万円の買取価格になっています。(2018年11月現在)

ポロはTSIエンジンが搭載されたモデルが高値になりやすい!

5代目モデルからはエコカー減税やエコカー補助金の対象モデルであることも加わって、買取査定が期待できます。

特にTSIエンジンが搭載されたモデルは高値のまま安定した推移になっています。

なお、すべてのモデルにおいて純正ナビやETCが装備されていればプラス査定が期待できます。

6代目モデルなら「ハイライン」に高値が付きやすい!

6代目ポロはまだデビューして間もないことから、中古車市場での流通量は非常に少なめです。その中でも、上級グレードである「ハイライン」は高額査定の対象になっているといえるでしょう。

ポロの買取価格・下取りの相場は「時価」

2018年には6代目モデルが登場しており、中古車市場でもわずかですが目にすることもあります。今後は少しずつ増えてくることが予想されますが、6代目モデルが増えればそれ以前のモデルの需要が下がる可能性もあります。

中古車はその時点での商品価格である「時価」で査定されますので、需要が下がる前に1日でも早く売ったほうが高い買取価格が付きやすくなるでしょう。

これらのことも踏まえて、まずは気軽に無料査定を試してみることをおすすめします。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。