0120808585
MENU

パナメーラ (ポルシェ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
スポーツツーリスモ ターボ 2018年(平成30年) 0.8万km以下 グレー 1242.5万円
スポーツツーリスモ 4S 2018年(平成30年) 0.9万km以下 パール 901.4万円
 4S エグゼクティブ 2014年(平成26年) 1.0万km以下 ブラック 630.5万円
 ターボ 2010年(平成22年) 7.4万km以下 ホワイト 316.4万円
 エディション 2016年(平成28年) 5.0万km以下 パール 332.1万円
 4 2010年(平成22年) 7.2万km以下 ブラック 212.9万円
 GTS 2013年(平成25年) 5.0万km以下 シルバー 302.4万円
 4 2013年(平成25年) 3.8万km以下 ブラック 220.5万円
 S 2009年(平成21年) 3.8万km以下 シルバー 210.6万円
 4 2013年(平成25年) 3.8万km以下 ブラック 234.4万円
 ターボ 2018年(平成30年) 2.4万km以下 ホワイト 1146.2万円
 4 2011年(平成23年) 2.6万km以下 ブラック 278.1万円
 S 2009年(平成21年) 3.8万km以下 ベージュ 212.9万円
 4S 2010年(平成22年) 3.1万km以下 グレー 311.0万円
 4S 2009年(平成21年) 2.9万km以下 グレー 274.1万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
スポーツツーリスモ ターボ2018年(平成30年) / 0.8万km以下 / グレー 1242.5万円
スポーツツーリスモ 4S2018年(平成30年) / 0.9万km以下 / パール 901.4万円
 4S エグゼクティブ2014年(平成26年) / 1.0万km以下 / ブラック 630.5万円
 ターボ2010年(平成22年) / 7.4万km以下 / ホワイト 316.4万円
 エディション2016年(平成28年) / 5.0万km以下 / パール 332.1万円
 42010年(平成22年) / 7.2万km以下 / ブラック 212.9万円
 GTS2013年(平成25年) / 5.0万km以下 / シルバー 302.4万円
 42013年(平成25年) / 3.8万km以下 / ブラック 220.5万円
 S2009年(平成21年) / 3.8万km以下 / シルバー 210.6万円
 42013年(平成25年) / 3.8万km以下 / ブラック 234.4万円
 ターボ2018年(平成30年) / 2.4万km以下 / ホワイト 1146.2万円
 42011年(平成23年) / 2.6万km以下 / ブラック 278.1万円
 S2009年(平成21年) / 3.8万km以下 / ベージュ 212.9万円
 4S2010年(平成22年) / 3.1万km以下 / グレー 311.0万円
 4S2009年(平成21年) / 2.9万km以下 / グレー 274.1万円

ポルシェ パナメーラの買取相場とは

高級車といえば、まずその名が挙がるであろうポルシェ。

スポーツカーやレーシングカーを中心に圧倒的な知名度を誇るドイツの自動車メーカーですが、創立当初はデザイン会社であったことは意外に知られていません。

創始者であるフェルエディナント・ポルシェは、「ビートル」の愛称で知られる「フォルクスワーゲン・タイプ1」をはじめとする数々の名車を手掛けたデザイナーでした。彼の息子であるフェリー・ポルシェが自社の自動車を製造・販売を始めたことにより、自動車メーカーとしての「ポルシェ」が誕生したのです。

ポルシェが手掛ける全モデルの特徴ともいえる、機能と美しさが調和した独特のデザイン。それはこういった背景から生まれ、受け継がれたものと言えるでしょう。

 

パナメーラが生まれるまで

ポルシェは創業以来、フラッグシップモデルである「911」のような2シーターのスポーツクーペを専門に扱っていました。しかし、時代の流れとともにクーペのみという限定された市場での経営が難しくなったこともあり、2002年には5人乗りのSUVである「カイエン」が登場。

そして2009年、今回紹介する5ドア・ハッチバックセダンである「パナメーラ」が販売されたのでした。

 

パナメーラとは

パナメーラはFセグメントの高級セダンであり、他社でいえばメルセデス・ベンツ・SクラスやBMW・7シリーズと同ランクのモデルです。

しかし、セダンと言ってもパナメーラのデザインにはポルシェのDNAがはっきりと受け継がれており、イメージはスポーツクーペである「911」により近いものとなっています。

4シーター4ドアというセダンの快適さ・高級感はそのままに、ポルシェらしいスタイリッシュさとスポーツカーの運動性能が加わった、なんとも贅沢な仕様のスポーツセダン。それがこの「パナメーラ」という車なのです。

 

 

パナメーラ 初代モデルでも高価買取に期待!

ポルシェは世界で愛されている老舗の自動車メーカーであり、中古車市場においても一定の人気があります。

ポルシェの代名詞とも言えるモデル「911」の圧倒的人気と比較してしまうと、「パナメーラ」をはじめとする他モデルは相場の変動が大きくなってしまう印象は否めませんが、それでも高め安定であることに変わりありません。

パナメーラは2016年にモデルチェンジが行われており、現行モデルは2代目となります。

初代は販売開始から10年が経過しているため走行距離も多いものが多く、現行と比べるとどうしても安価になりやすい傾向がありますが、それでもそこは「ポルシェ」。

極端に状態が悪いなど、よほどのことがない限りは十分高額取引を狙えるのではないでしょうか。

 

 

査定会社によっては大損することも…

それでは中古車市場価格の具体的な相場はどうなっているのか…というと、これは何とも言い難いものがあります。

その理由は、パナメーラは新車価格が1000万円を超える高級車であるため、流通台数が少ないというのがまずひとつ。

そしてもうひとつは、グレードによる価格差がかなり大きいということが挙げられます。

パナメーラの新車価格は、ベーシックグレードであれば1000万円台、最上位グレードであれば3000万円台と、数千万円にもおよぶ大きな開きがあります。

そして、ポルシェのオーナーは新車購入時に高額オプションを加えることがほとんどですので、ひとくちに「パナメーラ」といってもその車の条件・状態によってつく価格は様々なのです。

パナメーラの売却を考えるならば、まずは一度無料査定などを利用してみましょう。

 

 

パナメーラの査定・売却は慎重に

一般的な乗用車にもいえることですが、ポルシェなどネームバリューのある車、それも高級セダンのようなステータス性の高い車種は、車体の美しさや状態の良さが特に大きく査定額に影響します。

少しでも良い状態のうちに売却することが大切ですので、一日も早く行動することをおすすめします。

 

そこで「車査定・買取の窓口」では、お客様の代わりに、愛車を最も高く買い取る会社を1社のみ厳選し、ご紹介いたします。

中古車の買取店には、車を買うとる上で得意な車、苦手な車があります。その見極めを、弊社窓口では過去の買い取り実績をもとに行います。無料のサービスですので、この機会にぜひご活用ください。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!