0120808585
MENU

マカン (ポルシェ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
ポルシェ マカン S 2014年(平成26年) 2.2万km以下 ブラック 498.2万円
ポルシェ マカン S 2016年(平成28年) 4万km以下 ブラック 419.9万円
ポルシェ マカン ベースグレード 2018年(平成30年) 0.6万km以下 ホワイト 545.4万円
ポルシェ マカン ターボ 2015年(平成27年) 2万km以下 ホワイト 540.0万円
ポルシェ マカン ベースグレード 2015年(平成27年) 3万km以下 ホワイト 426.6万円
ポルシェ マカン GTS 2016年(平成28年) 1.5万km以下 ホワイト 603.0万円
ポルシェ マカン S 2015年(平成27年) 2.2万km以下 ホワイト 457.7万円
ポルシェ マカン ベースグレード 2017年(平成29年) 1.6万km以下 グレー 431.6万円
ポルシェ マカン GTS 2016年(平成28年) 0.8万km以下 レッド 598.5万円
ポルシェ マカン ターボ エアサス 2017年(平成29年) 1万km以下 ブラック 671.4万円
ポルシェ マカン S 2015年(平成27年) 8.1万km以下 ブラック 414.0万円
ポルシェ マカン ベースグレード 2018年(平成30年) 0.4万km以下 グレー 479.7万円
ポルシェ マカン ターボ 2016年(平成28年) 2.7万km以下 ホワイト 527.9万円
ポルシェ マカン S 2016年(平成28年) 3.8万km以下 ブラック 434.7万円
ポルシェ マカン ベースグレード 2015年(平成27年) 3.9万km以下 ブラック 437.2万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
ポルシェ マカン S2014年(平成26年) / 2.2万km以下 / ブラック 498.2万円
ポルシェ マカン S2016年(平成28年) / 4万km以下 / ブラック 419.9万円
ポルシェ マカン ベースグレード2018年(平成30年) / 0.6万km以下 / ホワイト 545.4万円
ポルシェ マカン ターボ2015年(平成27年) / 2万km以下 / ホワイト 540.0万円
ポルシェ マカン ベースグレード2015年(平成27年) / 3万km以下 / ホワイト 426.6万円
ポルシェ マカン GTS2016年(平成28年) / 1.5万km以下 / ホワイト 603.0万円
ポルシェ マカン S2015年(平成27年) / 2.2万km以下 / ホワイト 457.7万円
ポルシェ マカン ベースグレード2017年(平成29年) / 1.6万km以下 / グレー 431.6万円
ポルシェ マカン GTS2016年(平成28年) / 0.8万km以下 / レッド 598.5万円
ポルシェ マカン ターボ エアサス2017年(平成29年) / 1万km以下 / ブラック 671.4万円
ポルシェ マカン S2015年(平成27年) / 8.1万km以下 / ブラック 414.0万円
ポルシェ マカン ベースグレード2018年(平成30年) / 0.4万km以下 / グレー 479.7万円
ポルシェ マカン ターボ2016年(平成28年) / 2.7万km以下 / ホワイト 527.9万円
ポルシェ マカン S2016年(平成28年) / 3.8万km以下 / ブラック 434.7万円
ポルシェ マカン ベースグレード2015年(平成27年) / 3.9万km以下 / ブラック 437.2万円

ポルシェ マカンの買取相場とは

高級自動車メーカーとして世界にその名が知られているポルシェ。

今でこそSUVや4ドアセダンなど多様な車種を展開していますが、それはここ20年ほどのごく最近の話。ポルシェは創業から長らくの間2シーターのスポーツクーペを専門としてきた歴史を持っており、「ポルシェと言えばスポーツカーやレーシングカー」というイメージを持つ人は今でも少なくありません。

ポルシェがアイデンティティでもあった「スポーツクーペ専門」から脱却したのは、90年代後半のことです。アメリカでの業績不振が続いていたポルシェは、限定された市場を拡大するためにオープンタイプの「ボクスター」を販売。そして2003年にはポルシェ初のSUVである「カイエン」を投入したのです。

カイエンは大ヒットとなり、ポルシェを支える人気モデルとなりました。

そしてその人気を受けて2014年に登場したのが、カイエンよりも一回り小さいSUVの「マカン」です。

 

あらゆる意味で手軽なポルシェ

マカンの魅力は、あらゆる意味で「手軽である」ことにあります。

ボディサイズがコンパクト(とは言ってもそれは世界基準で考えた場合であり、日本国内ではまだまだ大きめのミドルサイズ)で、カイエンよりも街での乗り回しが楽になりました。

また、1000万円を超えるモデルが多い中でマカンの新車価格はベースグレードで700万円を切っていることも大きなポイントです。

「ポルシェは誰が見てもポルシェでなければならない」というスピリットは、値段が手ごろなマカンでももちろん健在。外観の「ポルシェらしさ」は保ちつつ、スポーツカーブランドならではの性能が十二分に盛り込まれた高性能SUVとして発売されたマカンは、新モデルでありながらしっかりと伝統を引き継いだ、まごうことなき「ポルシェ」だったのです。

小型化したことによる使い勝手の良さに、「あのポルシェがこの価格で手に入る」というお得感が加わり、マカンはカイエンの販売台数を上回る大ヒットモデルとなったのでした。

 

 

ポルシェ マカンの買取相場の傾向

それでは、中古車市場におけるマカンの具体的な価格傾向を見ていきましょう。

 

一般的に、メルセデス・ベンツやアウディなどの高級外車はリセールバリューが悪いと言われています。しかしポルシェは、それらのメーカーと比較しても値落ち率は低めです。

ここ最近は、取り扱う車種や販売台数が増えたことから徐々に値下がり幅も大きくなってきてはいるのですが、それでも高級外車の中では高め安定。ひと昔前の無敵感は薄れてきたとはいえ、まずまずの高値が期待できるメーカーなのです。

そんなポルシェの中でも、マカンの人気は圧倒的。市場の主流であるSUVであること、日本国内でも使いやすいサイズであること、価格が手ごろであることなどの理由から、特に高額取引を狙える車種と言えるでしょう。

 

ポルシェ マカンのリセールバリューが高くなるには?

マカンの数あるグレードの中でも特にリセールバリューが良いのは、ベースグレードである「マカン」。次いで、その1つ上のグレードである「マカンS」が有利です。

これはマカンに限ったことではなく、価格が高級な車は「買いやすさ」からベースグレードに需要が集中しやすいという傾向があるためです。

 

また、ポルシェは標準装備が弱く、数あるオプションを自分好みにチョイスして購入するのが当たり前の車です。

同年式同モデルであっても、車体により価値はさまざま。買取価格にもオプションの価格が反映されることになります。

人気のオプションを装備している場合は一般的な買取価格よりもぐっと高い値段がつくこともあるので、マカン売却を考えている方は一度無料査定などを試してみるといいでしょう。

 

 

次のマカンは電気自動車!?

今後の動向で気になるのは、マカンが2020年にフルモデルチェンジを控えていること。

次期型はなんと完全なる電気自動車となり、しばらくの間はガソリン車を並行販売する予定とのことです。

並行販売とのことなので、完全な世代交代よりも市場への影響は緩やかと思われますが、それでも中古車市場にどういった影響が出るかは未知数です。

マカンを1円でも高く売りたいと考えている方は、早めの行動を心がけましょう。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!