0120808585
MENU

ケイマン (ポルシェ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
ケイマン ベースグレード 2015年(平成27年) 1.6万km以下 レッド 394.2万円
ケイマン GTS 2015年(平成27年) 2.7万km以下 ホワイト 592.2万円
ケイマン S 2007年(平成19年) 6.9万km以下 ホワイト 183.2万円
ケイマン S 2012年(平成24年) 1.8万km以下 シルバー 295.2万円
ケイマン ベースグレード 2010年(平成22年) 3.5万km以下 ホワイト 268.7万円
ケイマン ベースグレード 2009年(平成21年) 3.6万km以下 ホワイト 266.9万円
ケイマン ベースグレード 2010年(平成22年) 4.6万km以下 ブラック 279.0万円
ケイマン GT4 2016年(平成28年) 0.7万km以下 シルバー 834.8万円
ケイマン S ポルシェデザイン エディション1 2008年(平成20年) 5.7万km以下 ブラック 208.4万円
ケイマン S 2014年(平成26年) 2.1万km以下 ホワイト 464.4万円
ケイマン S 2007年(平成19年) 4.1万km以下 ブラック 214.2万円
ケイマン ベースグレード 2009年(平成21年) 6.1万km以下 ブルー 212.0万円
ケイマン ベースグレード 2009年(平成21年) 1.5万km以下 ホワイト 284.4万円
ケイマン S 2010年(平成22年) 2.8万km以下 シルバー 272.3万円
ケイマン ベースグレード 2012年(平成24年) 3.6万km以下 ブラック 269.6万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
ケイマン ベースグレード2015年(平成27年) / 1.6万km以下 / レッド 394.2万円
ケイマン GTS2015年(平成27年) / 2.7万km以下 / ホワイト 592.2万円
ケイマン S2007年(平成19年) / 6.9万km以下 / ホワイト 183.2万円
ケイマン S2012年(平成24年) / 1.8万km以下 / シルバー 295.2万円
ケイマン ベースグレード2010年(平成22年) / 3.5万km以下 / ホワイト 268.7万円
ケイマン ベースグレード2009年(平成21年) / 3.6万km以下 / ホワイト 266.9万円
ケイマン ベースグレード2010年(平成22年) / 4.6万km以下 / ブラック 279.0万円
ケイマン GT42016年(平成28年) / 0.7万km以下 / シルバー 834.8万円
ケイマン S ポルシェデザイン エディション12008年(平成20年) / 5.7万km以下 / ブラック 208.4万円
ケイマン S2014年(平成26年) / 2.1万km以下 / ホワイト 464.4万円
ケイマン S2007年(平成19年) / 4.1万km以下 / ブラック 214.2万円
ケイマン ベースグレード2009年(平成21年) / 6.1万km以下 / ブルー 212.0万円
ケイマン ベースグレード2009年(平成21年) / 1.5万km以下 / ホワイト 284.4万円
ケイマン S2010年(平成22年) / 2.8万km以下 / シルバー 272.3万円
ケイマン ベースグレード2012年(平成24年) / 3.6万km以下 / ブラック 269.6万円

ポルシェ ケイマンの買取相場とは

1964年にポルシェ 911という車を世に送り出してから、数々の名車をつくりあげ世界中のカーマニアから愛され続ける高級車メーカー、ポルシェ。

スポーツ精神にあふれながらも美しく流麗なボディ、卓越した走りの性能など、根強いファンをつかまえてはなさない魅力に満ちあふれた車の数々。中でも看板車であるポルシェ 911の人気は発売から半世紀経った今でも全く衰えることがありません。

そんな911よりも価格をおさえたオープンカーとして開発されたのがポルシェ ボクスター。

さらにボクスターから派生したクーペモデルのものが、ポルシェ ケイマンという車種です。「ケイマン」の名称は中南米に住むワニに由来していますが、たしかにフロントマスクはどこかワニのような精悍さを感じさせます。

初代モデルの誕生は2005年と、ポルシェの長い歴史の中では比較的新しい車種。

ポルシェ 911よりも価格や性能はややおさえめで、ボディサイズも4,385mm×1,825mm×1,295mmというコンパクトな部類であることから、あまり構えず気軽にスポーツカーを楽しみたい、という層から特に人気があります。

 

 

「オープンカーモデルがボクスター」、「クーペモデルがケイマン」

2016年に登場し、現行車でもあるポルシェ ケイマン718型は、派生元となったポルシェ ボクスターの新型にも「718型」の名が与えられたことから、同じ718型の「オープンカーモデルがボクスター」、「クーペモデルがケイマン」という扱いになりました。

718世代の大きな特徴のひとつとして、ターボエンジン化があります。これによって馬力の向上、燃費の軽減などが果たされ、大きく躍進する結果ともなりました。

加速の瞬発力や乗り心地、安全性能に至るまで、決して単なる「911の下位互換」ではありえない、という存在感です。

 

中古車市場では特に人気の車種

このように「ポルシェに乗りたいけれど、さすがに911には手が届かない」「もっと気軽にスポーツカーに乗りたい」といった層にとっては、中古のポルシェ ケイマンの存在は願ったりかなったりというところがあり、市場でも大変人気が高い車種となっています。

また、ポルシェ ボクスターに乗りたいけれどもオープンカーだという点で敬遠していた層がポルシェ ケイマンを求めるという傾向も、718型登場後は見られるようです。

 

高価買取が期待できる!特に「GTS」

比較的最近モデルチェンジが行われたばかりであるため、しばらくは大きな値下がりもなさそうで、さらに全体的にも相場は高めです。特に「GTS」などのグレードは安定して高額査定が期待できるところ。

他の一般的な中古車同様、車体コンディションの良しあしや走行距離は査定額にもダイレクトに影響が出てきますが、スポーツクーペを買おうとしている人は特に走行性能の高さを求めるため、売却を考えている場合は普段からの定期的なメンテナンスは欠かさないことが大事です。パーツを新調するだけで、新車なみのパフォーマンスに戻すことは十分可能です。

カラーは一般的にも人気なホワイト系・ブラック系のみならず、イエローなどのポルシェらしい目立つ色合いも好まれるため、カラーが査定額に大きく響くことはあまりないようです。

 

ポルシェ ケイマンを高く売るには?

ポルシェ ケイマンほどの高級外国車ともなると、いざ買い取ってもらおうというときに店選びがなかなか大変です。自分では外国車の取扱いがある店を探せなかったり、ポルシェの中古車専門店というものが自宅周辺になかったり…。

ポルシェ ケイマンは2005年誕生いう比較的新しい車種であることから、査定額の相場のデータも多くないため、いざ手放すとなっても査定会社の選択に迷いが生まれ、途方に暮れている…という状況におちいることもあるでしょう。

そんなときには、ぜひ「車査定・買取の窓口」をご利用ください。愛車の状態にピッタリの買取店を厳選して、ご紹介いたします。

きっとご満足のいく査定額がつくはず!まずは1度ご連絡をお待ちしております。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!