0120808585
MENU

ボクスター (ポルシェ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
ボクスター S 2012年(平成24年) 4.6万km以下 ホワイト 255.2万円
ボクスター S 2013年(平成25年) 1.1万km以下 ホワイト 508.8万円
ボクスター ベースグレード 2015年(平成27年) 1.8万km以下 ブラック 381.2万円
ボクスター S 2012年(平成24年) 1.5万km以下 ホワイト 279.9万円
ボクスター ベースグレード 2015年(平成27年) 3.5万km以下 ブラック 329.7万円
ボクスター ベースグレード 2013年(平成25年) 2.6万km以下 ホワイト 405.0万円
ボクスター ベースグレード 2012年(平成24年) 5.4万km以下 ホワイト 311.0万円
ボクスター ベースグレード 2013年(平成25年) 3.8万km以下 ブラック 383.4万円
ボクスター ベースグレード 2013年(平成25年) 2.7万km以下 ホワイト 405.0万円
ボクスター ベースグレード 2013年(平成25年) 3.5万km以下 イエロー 369.0万円
ボクスター S 2014年(平成26年) 4.6万km以下 ブラック 461.7万円
ボクスター GTS 2015年(平成27年) 1.7万km以下 ホワイト 666.5万円
ボクスター S 2010年(平成22年) 3.4万km以下 ホワイト 252.5万円
ボクスター ベースグレード 2014年(平成26年) 2万km以下 ブラック 373.1万円
ボクスター ブラックエディション 2015年(平成27年) 3.6万km以下 ブラック 403.2万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
ボクスター S2012年(平成24年) / 4.6万km以下 / ホワイト 255.2万円
ボクスター S2013年(平成25年) / 1.1万km以下 / ホワイト 508.8万円
ボクスター ベースグレード2015年(平成27年) / 1.8万km以下 / ブラック 381.2万円
ボクスター S2012年(平成24年) / 1.5万km以下 / ホワイト 279.9万円
ボクスター ベースグレード2015年(平成27年) / 3.5万km以下 / ブラック 329.7万円
ボクスター ベースグレード2013年(平成25年) / 2.6万km以下 / ホワイト 405.0万円
ボクスター ベースグレード2012年(平成24年) / 5.4万km以下 / ホワイト 311.0万円
ボクスター ベースグレード2013年(平成25年) / 3.8万km以下 / ブラック 383.4万円
ボクスター ベースグレード2013年(平成25年) / 2.7万km以下 / ホワイト 405.0万円
ボクスター ベースグレード2013年(平成25年) / 3.5万km以下 / イエロー 369.0万円
ボクスター S2014年(平成26年) / 4.6万km以下 / ブラック 461.7万円
ボクスター GTS2015年(平成27年) / 1.7万km以下 / ホワイト 666.5万円
ボクスター S2010年(平成22年) / 3.4万km以下 / ホワイト 252.5万円
ボクスター ベースグレード2014年(平成26年) / 2万km以下 / ブラック 373.1万円
ボクスター ブラックエディション2015年(平成27年) / 3.6万km以下 / ブラック 403.2万円

ポルシェ ボクスターの買取相場とは

洗練されたデザインと卓越した走行性を持ち合わせた車を多数開発・販売してきたドイツの高級車メーカー、ポルシェ。今も昔も、世界中のカーマニアから憧れのまなざしを向けられる存在です。

そんなポルシェも、1990年代前半に最大のマーケットであるアメリカでのセールスが伸び悩み、経営難を迎えていました。

その打開策のひとつとして登場したのが、「ポルシェの顔」ともいえる車種ポルシェ 911よりも価格を控えめに開発されたポルシェ ボクスターでした。

ポルシェの伝統である水平対向エンジンを表す「ボクサー」、そしてポルシェのオープンカーモデルを表す「ロードスター」、このふたつの単語を組み合わせて「ボクスター」の名称となりました。

 

世界第1級のハンドリング性能

ポルシェ ボクスターは、1993年のデトロイト・オートショーでポルシェ 718の流れをくむ車種として発表されました。

その後1996年に販売が開始されます。電動式のルーフを持つオープンカーで水平対向6気筒エンジンを後輪の軸より少し前に積んだ仕様に。アルミ多用の車体で軽量化に成功し、重めのハンドル、固めのブレーキペダルで軽快なスポーツドライブを楽しめる車両になっています。そのハンドリング性能は世界第1級ともいわれるほど。

ツーシーターであることからも荷物や人をたくさん載せることはできませんが、前述のように素晴らしいハンドリング性能もあって、純粋に走りや運転を楽しむことを目的とした車になっています。

 

走行性の高さは文句なし、さらにオープンカーとしての使用性も抜群です。ルーフを開けている間の風の吹き込み方は綿密な計算がされており運転中の疲れを軽減、オープンになった車内のインテリアは上質で品が良く、外から見られることによる満足感も大いに満たしてくれます。

 

リセールバリューは高い!

ポルシェの車は全体的に、他のメーカーの車よりもリセールバリューが高いものが多くなっています。圧倒的なネームバリューはもちろんのこと、クォリティに対する高い信頼感があることもその理由となっているのでしょう。

走行距離があまりにもかさんでしまっている車体については、ポルシェ ボクスターといえども一般的な中古車同様大きく値下がりしてしまいますが、全体的には値下がり率は低いといえます。

 

「PCCB」と「PASM」装着車は特に高く売れる!

中でも、グレードでいえば「GTS」や「S」は特に人気のあるモデルとなっていて、高額査定が期待できるでしょう。

ポルシェ ボクスターのオプションは非常に豊富にあるため、オーナーの好みに合わせた「オーダーメイド状態」になっている車体が多く存在しますが、その中でも「PCCB(ポルシェセラミックコンポジットブレーキ)」と「PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)」というものが装着されている車体は、プラス査定がついて相場より高くなる傾向にあるようです。

カラーに関しては、一般的にも人気のあるホワイト系やブラック系はもちろんのこと、マニアックな色合いも好まれているため、カラーが理由で査定額に差がつくことはあまりないでしょう。

 

ボクスターの買取に得意な業者を見つけるには

ポルシェ ボクスターほどの高級車かつ外国車、そして人気車種ともなると、いざ売却を考えたときに自分で中古車買取業者を探すのはかなり難儀することがあるでしょう。そのため、たいていは下取りに出してしまうことを考える傾向にあります。

中古車市場での台数が希少であることもあって、査定額についての情報も多いとはいえず、良い業者に巡り合えるまでにあきらめてしまう…というオーナーが多いのです。

でもこれだけの素晴らしい車、売却するときも妥協はしたくないものですよね。

どうしても、納得のいく業者を探し出すことができない…そうお悩みなら、ぜひ1度「車査定・買取の窓口」までご連絡ください。

お客様の愛車の状態から、ピッタリの買取店を厳選してご紹介いたします。

まずはご連絡を!お待ちしています。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!

海外の自動車メーカー

車査定・買取の窓口について