0120808585
MENU

アウディ A4 (アウディ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
A4 2.0 TFSI 2015年(平成27年) 1.5万km以下 パール 175.1万円
A4 2.0 TFSI 2016年(平成28年) 2.0万km以下 ダークブルー 179.1万円
A4 2.0 TFSI クワトロ Sラインパッケージ 2016年(平成28年) 4.6万km以下 ブラック 218.7万円
A4 2.0 TFSI 2016年(平成28年) 1.5万km以下 ホワイト 190.8万円
A4 2.0 TFSI 2012年(平成24年) 6.1万km以下 ブラック 64.4万円
A4 2.0 TFSI 2012年(平成24年) 4.0万km以下 ブラック 75.6万円
A4 2.0 TFSI クワトロ Sラインパッケージ 2016年(平成28年) 3.9万km以下 ホワイト 234.5万円
A4 2.0 TFSI 2017年(平成29年) 2.4万km以下 ブラック 178.7万円
A4 2.0 TFSI クワトロ 2017年(平成29年) 2.0万km以下 ブラック 229.5万円
A4 2.0 TFSI Sラインプラス 2014年(平成26年) 4.2万km以下 パール 132.8万円
A4 2.0 TFSI クワトロ 2009年(平成21年) 6.9万km以下 グレー 53.6万円
A4 2.0 TFSI クワトロ 2016年(平成28年) 0.9万km以下 ブラック 250.6万円
A4 2.0 TFSI クワトロ 2014年(平成26年) 4.1万km以下 ブラック 132.8万円
A4 2.0 TFSI アーバンスタイルエディション 2015年(平成27年) 1.4万km以下 パール 143.1万円
A4 1.8 TFSI Sラインパッケージ 2010年(平成22年) 4.8万km以下 ホワイト 66.2万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
A4 2.0 TFSI2015年(平成27年) / 1.5万km以下 / パール 175.1万円
A4 2.0 TFSI2016年(平成28年) / 2.0万km以下 / ダークブルー 179.1万円
A4 2.0 TFSI クワトロ Sラインパッケージ2016年(平成28年) / 4.6万km以下 / ブラック 218.7万円
A4 2.0 TFSI2016年(平成28年) / 1.5万km以下 / ホワイト 190.8万円
A4 2.0 TFSI2012年(平成24年) / 6.1万km以下 / ブラック 64.4万円
A4 2.0 TFSI2012年(平成24年) / 4.0万km以下 / ブラック 75.6万円
A4 2.0 TFSI クワトロ Sラインパッケージ2016年(平成28年) / 3.9万km以下 / ホワイト 234.5万円
A4 2.0 TFSI2017年(平成29年) / 2.4万km以下 / ブラック 178.7万円
A4 2.0 TFSI クワトロ2017年(平成29年) / 2.0万km以下 / ブラック 229.5万円
A4 2.0 TFSI Sラインプラス2014年(平成26年) / 4.2万km以下 / パール 132.8万円
A4 2.0 TFSI クワトロ2009年(平成21年) / 6.9万km以下 / グレー 53.6万円
A4 2.0 TFSI クワトロ2016年(平成28年) / 0.9万km以下 / ブラック 250.6万円
A4 2.0 TFSI クワトロ2014年(平成26年) / 4.1万km以下 / ブラック 132.8万円
A4 2.0 TFSI アーバンスタイルエディション2015年(平成27年) / 1.4万km以下 / パール 143.1万円
A4 1.8 TFSI Sラインパッケージ2010年(平成22年) / 4.8万km以下 / ホワイト 66.2万円

アウディA4の買取相場とは

コンパクトカーやSUVの人気に押され、年々市場が縮小している感がぬぐえないセダン。

しかし、一般的な「高級な外車」とはどんなものかと聞かれたら、きらきらと黒光りするセダンタイプの車を頭に思い浮かべる人は少なくないはずです。

 

高級輸入車の中で特に売れ筋のDセグメント

Dセグメント(全長およそ4,600~4,800mmクラスの車)の、いわゆるアッパーミドルセダンは高級輸入車で特に売れ筋のジャンル。メルセデスベンツのCクラス、BMWの3シリーズなど、各メーカーの主力車種がひしめく激戦区です。

そして、それらのメーカーとともに「ドイツ御三家」のひとつに数えられるアウディでは、「A4」シリーズがそれにあたります。

最近は、よりコンパクトサイズで価格も手軽な「A3」の人気も高まっていますが、やはりA4はアウディの中核を担うシリーズ。快適な運転性と高級車ならではの上質感という「アウディを乗る醍醐味」をしっかりと堪能できるA4は、世界で愛され続けているベストセラーであり、日本でもその実力をしっかりと示している一台です。

「2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー」において、輸入車に贈られるインポートオブ・ザ・イヤーにアウディA4が輝いた際は、アウディ初の受賞として大きな話題となりました。

 

 

3種のラインナップ

A4には、定番の「A4セダン」のほか、実用性の高いステーションワゴン型の「A4アバント」、都会的な雰囲気とSUVの走破性を兼ね備え、よりパワフルになったクロスオーバー型の「A4 オールロードクワトロ」があります。

 

 

 

 

 

 

A4アバント

 

 

 

 

 

 

A4 オールロードクワトロ

 

りセールバリューが高いのはA4アバント

オールロードクワトロは2010年と2011年に台数限定で販売され、その後カタログモデルとして再販売されるようになった車なので、市場に出回っている台数はさほど多くありません。また、A4セダン・A4アバントと比較して新車価格が150~200万程度高額になることから、中古車価格もそれなりの価格になります。なかなか手が出にくいこともあり、中古車市場で有利なのはやはり需要・流通量ともに豊富なA4セダン・A4アバントと言えます。

そして、今の市場でセダンの人気はやはり下り坂なため、A4セダンよりはA4アバントのほうがリセールバリューは高めです。

 

インテリア・エクステリア関連のオプション装備に高い付加価値

しかし先ほども述べたように、Dセグメントのアッパーミドルセダンは世界的に見ても「高級車」の大定番であり、A4シリーズはその中でも屈指の知名度を誇る車種。セダン人気が下火となった今でも安定した人気があります。

このクラスのセダンを購入する購買層が求めるのは、いわゆる「高級車」らしい上質感やクラス感。そのため、A4セダンは本体そのもののリセールは弱いものの、A4アバントに比べてインテリア・エクステリア関連のオプション装備につく付加価値が高めの傾向にあるようです。

色はやはり、ホワイトと黒の定番色の人気が最も高いです。

 

 

現行車の動向に要注意!

アウディA4の売却を考えたときに何より注意したいのは、現行車の動向です。

豊富なラインナップを揃えたアウディは、それぞれのシリーズで頻繁に改良やモデルチェンジを行っています。それはA4も例外ではなく、これまで2018年、2019年とマイナーチェンジを重ねてきました。

そして2020年、A4はさらにビッグマイナーチェンジが控えており、外観デザインの変更やマイルドハイブリッドシステムの導入など、これまでよりも大規模な改良が予想されています。

こういった変化はもちろん中古車市場にも無関係ではなく、どうしても相場が不安定になりがちです。

変動してゆく相場の傾向をつかむためにも、アウディA4の売却を考えるならば早めに行動することをおすすめします。

 

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!

海外の自動車メーカー

車査定・買取の窓口について