0120808585
MENU

アウディ A3 (アウディ) の買取相場一覧

車種名・グレード 年式 走行距離 カラー 査定額
スポーツバック 1.4 TFSI 2012年(平成24年) 2.3万km以下 ブラック 162.9万円
スポーツバック 1.4 TFSI 2017年(平成29年) 3.3万km以下 ホワイト 105.8万円
スポーツバック 1.4 TFSI 2014年(平成26年) 1.8万km以下 パール 131.0万円
スポーツバック 1.4 TFSI スポーツ Sラインパッケージ 2015年(平成27年) 0.8万km以下 ホワイト 246.6万円
スポーツバック 1.4 TFSI 2018年(平成30年) 3.2万km以下 レッド 152.6万円
スポーツバック 1.4 TFSI 2017年(平成29年) 2.6万km以下 パール 122.4万円
スポーツバック 1.4 TFSI 2008年(平成20年) 6.2万km以下 ホワイト 85.1万円
スポーツバック 1.4 TFSI スポーツ 2015年(平成27年) 2.2万km以下 レッド 206.6万円
スポーツバック 1.4 TFSI 2017年(平成29年) 2.9万km以下 レッド 107.6万円
スポーツバック 1.4 TFSI 2015年(平成27年) 3.6万km以下 ホワイト 108.5万円
スポーツバック 1.4 TFSI 2014年(平成26年) 3.6万km以下 パール 135.9万円
スポーツバック 1.4 TFSI シリンダーオンデマンド Sラインパッケージ 2016年(平成28年) 3.0万km以下 レッド 144.5万円
スポーツバック 1.4 TFSI 2015年(平成27年) 1.2万km以下 シルバー 192.2万円
スポーツバック 1.8 TFSI クワトロ 2018年(平成30年) 6.4万km以下 ブラック 108.2万円
スポーツバック 1.4 TFSI 2015年(平成27年) 3.3万km以下 ブラック 108.0万円
車種名・グレード年式 / 走行距離 / カラー 査定額
スポーツバック 1.4 TFSI2012年(平成24年) / 2.3万km以下 / ブラック 162.9万円
スポーツバック 1.4 TFSI2017年(平成29年) / 3.3万km以下 / ホワイト 105.8万円
スポーツバック 1.4 TFSI2014年(平成26年) / 1.8万km以下 / パール 131.0万円
スポーツバック 1.4 TFSI スポーツ Sラインパッケージ2015年(平成27年) / 0.8万km以下 / ホワイト 246.6万円
スポーツバック 1.4 TFSI2018年(平成30年) / 3.2万km以下 / レッド 152.6万円
スポーツバック 1.4 TFSI2017年(平成29年) / 2.6万km以下 / パール 122.4万円
スポーツバック 1.4 TFSI2008年(平成20年) / 6.2万km以下 / ホワイト 85.1万円
スポーツバック 1.4 TFSI スポーツ2015年(平成27年) / 2.2万km以下 / レッド 206.6万円
スポーツバック 1.4 TFSI2017年(平成29年) / 2.9万km以下 / レッド 107.6万円
スポーツバック 1.4 TFSI2015年(平成27年) / 3.6万km以下 / ホワイト 108.5万円
スポーツバック 1.4 TFSI2014年(平成26年) / 3.6万km以下 / パール 135.9万円
スポーツバック 1.4 TFSI シリンダーオンデマンド Sラインパッケージ2016年(平成28年) / 3.0万km以下 / レッド 144.5万円
スポーツバック 1.4 TFSI2015年(平成27年) / 1.2万km以下 / シルバー 192.2万円
スポーツバック 1.8 TFSI クワトロ2018年(平成30年) / 6.4万km以下 / ブラック 108.2万円
スポーツバック 1.4 TFSI2015年(平成27年) / 3.3万km以下 / ブラック 108.0万円

アウディA3の買取相場とは

メルセデスベンツ、BMWに次ぐ高級車として、いわゆる「ドイツ御三家」に名を連ねるアウディ。コンパクトカーやセダン、SUV車にスポーツタイプなど、豊富なラインナップを揃えた人気メーカーですが、その中でも「A3」は人気車種がひしめくCセグメント(全長およそ4200~4500mmクラスの車)の中で「プレミアムコンパクト」として個性を打ち出した車です。

 

日本国内での高い支持

アウディシリーズ最小の「A1」が登場するまでは、このA3が最小最安のエントリーモデルとされてきました。コンパクトで扱いやすいサイズ感と手頃な価格設定、かつアウディらしい高級感もあることから、日本国内では特に高い支持を集めています。

様々なドライバーアシスタントシステムを採用しており、安全性が優れていることもA3の特長のひとつ。にも拘わらず、Cセグメントの競合車である「メルセデスベンツAクラス」と比較すると価格が若干低く設定されていることも人気の理由となっています。

 

 

高めの買取価格を期待できる!

中古車市場においても、アウディA3は高めの買取価格が期待できる車種。

街中や立体駐車場など、どうしても狭い場所を走ることになる日本の道路環境に、コンパクトサイズのA3は適しているからです。

使い勝手の良さと優れた運転性、価格の手頃さなど、中古車市場でも「お買い得感」が特に高い一台といえます。

 

 

グレードごとの違い

では、グレードごとに相場の傾向を見ていきましょう。

 

2種類のドアタイプ

アウディA3には、4ドアのセダン型と「A3 Sportback」と呼ばれる5ドアハッチバック型の2種類があります。

初代モデルは1.4Lターボエンジンと1.8Lターボエンジンの2グレードを展開していましたが、その後のモデルチェンジで1.8Lエンジンは廃止。3代目である現在は1.4Lと、よりパワフルさを増した2.0Lエンジンが搭載されています。

 

2種類のグレードとターボエンジン

グレードは、セダン型とハッチバック型それぞれに

1.4Lターボエンジン搭載の「1.4TFSI」

2.0Lターボエンジンと、アウディ独自の4WDシステムである「クワトロ」を搭載した「2.0TFSI quattro」

スポーツ走行の装備の充実させた「1.4 TFSI sport」「2.0 TFSI quattro sport」

があり、さらに「A3 Sportback」のハイブリッド車である「A3 Sportback e-tron」があります。

 

人気のタイプとは?

これらの中で人気が高いのは、やはりハッチバック型の「A3 Sportback」です。

コンパクトカーやSUVが主流の今、セダンタイプはどうしてもリセールが悪くなります。

また、ハイブリッド「A3 Sportback e-tron」は、グレードにもよりますが新車価格がA3 Sportbackと比べて250万ほど高くなっています。同シリーズの上位グレードと考えるには価格が跳ね上がりすぎており、「それなら素直にA3 Sportbackを購入する」と考える人が多くなるのも仕方ないのではないでしょうか。

排気量は、低いほうが若干有利。カラーはホワイトやシルバー系が強いようですね。

 

年式には要注意!

年式に関しては、現行モデルはもちろん高額査定、それ以前の車は状態に応じてそれなりに…というのはどの車においても共通の傾向ですが、A3に関しては少し注意が必要です。

なぜならA3は、2019年にフルモデルチェンジされ、第4世代が発売されると言われているからです。

新たなモデルが発売になると、現行モデルは「型落ち」になります。旧モデルが大量に売りに出されるなど、買取相場に大きな変化が出るのは避けられないでしょう。

新型A3の正確な発売時期は発表されていないものの、2019年の秋以降になるのではないかと言われています。

現在アウディA3の売却を考えている方は、なるべく早めに行動しておいたほうがいいでしょう。

車査定・買取の窓口とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?45秒で査定依頼が完了します。

車査定・買取の窓口のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車査定・買取の窓口」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

電話も査定も一回のみ! 相場を知って、1番高く売ろう!

0120-808-585 無料 かんたん45秒!今すぐ査定依頼!